繝輔か繝ォ繧ッ繧ケ繝ッ繝シ繧イ繝ウT-Roc逕サ蜒・1_R(2)
- スーパーカーブランド【フォルクスワーゲン】 -

フォルクスワーゲンT-Roc──さらに小さな新型SUV

好むと好まざるにかかわらず、現在の自動車メーカーはSUVに力を入れざるをえない。2016年に世界で販売された8424万台のうち、じつに29%、2440万台がSUVだったのだ。あのロールスロイスやランボルギーニですらSUVの発売が秒読み段階にある。その流れはコンパクトカーでも変わらない。2017年9月、フォルクスワーゲンはコンパクトSUV『ティグアン』よりさらに小さな新型SUV『T-Roc』をフランクフルトモーターショー(IAA)で公開した。VWらしい実直さと良い意味でVWらしくないスタイルを併せ持つ、同社最小のSUVである。

アウディ『Q2』やメルセデス・ベンツ『GLA』に挑むフォルクスワーゲン『T-Roc』

フォルクスワーゲンのSUVといえば、長らくポルシェ『カイエン』やアウディ『Q7』と基本設計を共有するフラッグシップSUV『トゥアレグ』と、『ゴルフ』と同じMQBプラットフォームで作られる『ティグアン』の2モデルであった。

全長4500mmの『ティグアン』もSUVとしてはコンパクトな部類に入るが、欧州ではアウディ『Q2』、メルセデス・ベンツ『GLA』、プジョー『2008』など、さらにコンパクトなモデルが続々と登場して人気を集めている。

そして、このクラスのSUVは、デザインもそれぞれ個性的だ。『T-Roc』はコンパクトSUV市場に投入された“新しい個性”というわけである。

正式なスペックの発表はまだないが、全長×全幅×全高のスリーサイズは、ライバルと同等の4200mm×1830mm×1500mmほど。1500mmの全高なら立体駐車場にも対応するから、日本の都市部での使い勝手も良さそうだ。

フォルクスワーゲン初となる2トーンルーフを採用する『T-Roc』のエクステリア

注目すべきは、そのスタイリングだ。顔つきこそ兄貴分の『ティグアン』に似ているが、より張り出しが大きく筋肉質になったフェンダー周りと、フォルクスワーゲン初採用となる2トーンルーフに目が行く。Aピラーからウィンドウを囲み、Cピラー後端へと落ちていくクロームのモールも新しい。

このディテールによって、『T-Roc』はクーペを連想させるルーフラインを手に入れることに成功した。さらに、オフロードモデルではボディ下端が保護用のダークカラーの樹脂製パーツで囲まれる。

インテリアは、先ごろフルモデルチェンジされた新型『ポロ』と同様に、ボディカラーなどとコーディネートされるインテリアパネルが特徴的。ステアリングホイールやシフトレバーは、『ゴルフ』や『パサート』などの上級車種と共通のものが採用され、高い質感を実現している。

フォルクスワーゲン『T-Roc』の価格は約260万円、日本上陸は2018年の初頭か?

パワーユニットは、欧州では3つの「TSI」ガソリンエンジンと3つの「TDI」ディーゼルエンジンが用意され、FF(前輪駆動)と四輪駆動の「4Motion(4モーション)」が組み合わされる。

日本に導入されるなら、ガソリンエンジン+FFの仕様となるだろう。もちろん、レーンキープアシストシステム「レーン アシスト」やプリクラッシュブレーキシステム「フロント アシスト」、渋滞時追従支援システム「トラフィック アシスト」をはじめとした先進のドライバーアシスタンスシステムも装備される。
価格はおよそ2万ユーロというから、日本円に換算すると約260万円。日本導入の際のスタート価格は300万円を切るに違いない。『ティグアン』が360万円からなので、価格の面でも魅力的なクルマとなりそうだ。

発売時期はヨーロッパが11月。日本国内デビューは年明けだろうか?

Text by Muneyoshi Kitani