f.one 01280_R(2)
- 初めてのSUP(スタンドアップパドルボード) -

ダイエットにも! ハワイ発祥の人気アクティビティ“SUP” とは?

今40代男たちが最も注目すべきスポーツといえば、スタンドアップパドルボード(SUP)だろう。サーフィンよりも、比較的簡単に波乗りできることから、ウォータースポーツ初心者でも気軽に始められる点が大きな魅力となっている。さらなる流行の兆しをみせるSUPの概要を専門家に聞いた。

■今回のアドバイザー
BREAKOUT
柴崎悠介さん

福岡市東区にあるスノーボード、サーフィン、カイトボーディングといったボード/アクションスポーツのプロショップ『BREAKOUT』で、SUP、SNOWを担当。SUPでは釣りや波乗りをメインに楽しむ。

ハワイで生まれた海のアクティビティ、SUP

スタンドアップパドルボード(SUP)は、大きいサイズのサーフボードの上に立ち、パドルを使って漕ぐという、アクティビティだ。

柴崎さん「SUPは、ハワイで古くから行われていたサーフィンスタイルから生まれたもの。マウイのビッグウェーバー、レイアードハミルトンが、下半身の筋力トレーニングとして始めたことで、スポーツとして脚光を浴びるようになりました。

比較的波が小さくても楽しめる上に、波が割れる前から乗ることができるので、サーフィン初心者でも簡単に波乗りすることができます」

クルージングに釣り、ヨガ…多種多様な楽しみ方が魅力でもあるSUP

SUPは、ただ波乗りするだけではなく、アクティビティと組み合わせることで、様々な楽しみ方ができるのが特徴だ。

柴崎さん「SUPは、クルージングだけではなく、レースや波乗り、ヨガや釣りなど様々な楽しみ方のバリエーションを持っている点も魅力です。家族でいっしょに平水面をクルーズしたり、犬と一緒に、水上散歩をしたりする人もいます。腰に釣竿をぶら下げると、普段陸から狙えないポイントでフィッシングができるので、非日常的な感覚を体験できます」

体幹が鍛えられるので、ダイエット効果も期待!

さらに、SUPはただアクティビティを楽しむだけではなく、ダイエット効果も期待できるという。

柴崎さん「立った状態でのパドルは、体全体の筋肉を使うため、上半身だけでなく、特に下半身の強化につながります。また、不安定なボードの上で、バランスを取ることにより、体幹が鍛えられます。

特に、腰周りのシェイプアップや、足首、膝など、老化しやすい筋肉の強化につながります。そのため、40代からはじめるスポーツとしては、最適です」

最後にアドバイザーからひと言

「散歩や釣りをしながら、水上でゆったりと過ごす時間は、格別ですよ!」

Text by Miku Nakamura(Seidansha)