繝。繝ォ繧サ繝・せAMG E63繧ケ繝・・繧キ繝ァ繝ウ繝ッ繧エ繝ウ逕サ蜒・1_R(2)
- スーパーカーブランド【メルセデス・ベンツ】 -

世界一速いワゴン──メルセデスAMG E63S 4MATIC+

高級車メーカーに「史上最速」を謳うモデルはめずらしくない。しかし、ブランドの史上最速ではなく、あらゆるクルマを含めた「世界最速」となれば、よほど自信があるということになる。メルセデス・ベンツが先日発売した『E63 S 4MATIC+ステーションワゴン』は、『Eクラス セダン』のハイエンドモデル、『E63S 4MATIC+』をベースにした“世界最速ワゴン”だ。ラゲッジルームにゴルフバッグを積み、ゴルフ場までの道のりを最高出力612psのパワーで移動することのできる、途方もないハイパフォーマンスワゴンである。

0-100km/h加速は3.5秒! 驚異的な速さのステーションワゴン『E63 S 4MATIC+』

世界最速ワゴンは、『E63 S 4MATIC+ステーションワゴン』と『E63 4MATIC+ステーションワゴン』の2タイプ。最大の特徴は、ワゴンモデルとは思えない強力無比なエンジンパワーだ。

パワーユニットは、セダンの『E63 S 4MATIC+』と同様に、従来の5.5Lエンジンに代わるAMG製の4.0L V8直噴ツインターボエンジン。メルセデスAMGのスーパースポーツ『GT』と基本設計を同じとする「M177」型である。

気筒休止システムによって先代より燃費性能が向上し、しかもパワーアップしているのが特徴で、2タイプのうち、よりハイパフォーマンスの『S』は最高出力450kW(612ps)、最大トルク850N・m(86.7kgf・m)を発揮。0-100km/h加速は3.5秒という凄まじさだ。

このパワーを路面に伝えるためのディファレンシャルギアには電子制御の「AMGリミテッドスリップデフ」を採用(『E63 4MATIC+ステーションワゴン』は機械式リミテッドスリップデフ)。ほかにも、湿式多板クラッチのAMGスピードシフト、AMG専用のスポーツサスペンションなど、AMGの最新技術が随所に盛り込まれている。

また、『S』には四輪駆動の4MATIC(4マチック)を完全に後輪駆動とする「ドリフトモード」も搭載されており、クローズドのサーキットなら「ドリフト可能なワゴン」として愉しむことも可能だ。

ボディ剛性もアップ、『E63 S 4MATIC+』は単にセダンをワゴンにしただけじゃない

この世界最速ワゴンは、単にセダンの『E63S 4MATIC+』のボディをステーションワゴン形状にしただけのものではない。

一般的に、ラゲッジルームとパッセンジャーエリアが同じ空間でつながっているワゴンは、乗り心地や静粛性、ハンドリングに影響を与えるボディ剛性などがセダンに比べて低くなりがちだ。

そこで、『S』はボディ底面を補強。さらに、バルクヘッド、サイドウォール・フロア・リアシート下部、ホイールアーチなどに遮音材を配し、静粛性とボディ剛性の向上を実現している。

フラットな荷室空間を実現するため、リアサスペンションの取り付け位置も専用に設計された。リアシートは4:2:4の分割可倒方式により、長尺物の積載にも余裕で対応。後席を倒すと最大1820Lものラゲッジスペースが現れる。

電動開閉式のテールゲートは、もちろんリモコンキーで遠隔操作が可能だが、両手が塞がっていてもリアバンパー下のセンサーによるオープナー機能があるので、リモコン操作の必要はない。つまり、プレミアムクラスのステーションワゴンに必要な機能はすべて備わっているわけだ。

エクステリアでは、通常モデルよりもスペシャル感の漂う専用フロントフェイスが目を引く。ボンネットがバンパーの内側全周に収められるクーペのようなフロントフェイスデザインによって、AMGらしさを強調している。

メルセデス・ベンツ新型『Sクラス』にも導入された先進の遠隔サービスもフル装備

メルセデス・ベンツの最新技術が搭載された『Eクラス』だけに、速さだけではなく、運転支援や安全機能もフル装備された。

たとえば、フラッグシップモデルの新型『Sクラス』に導入されたテレマティクスサービス「Mercedes me connect(メルセデス ミー コネクト)」もそのひとつ。これは、24時間対応する緊急通報サービスをベースとした「安心安全サービス」「リモートパーキングアシスト」といった各種の遠隔サービスの総称だ。

この通報系サービスは10年間、リモートパーキングアシストは3年間、それぞれ無料で提供される。

これにレーダーセンサーとカメラによるアダプティブクルーズコントロール機能を持つ「インテリジェントドライブ」を組み合わせれば、予防安全から運転支援、さらに緊急時の通報まで、ドライブ中のあらゆるストレスに対応してくれるだろう。
価格は『E63 4MATIC+ステーションワゴン』が1686万円、『S』は1838万円(いずれも税込み)。両者の価格差は152万円とコンパクトカー一台分にもなるが、『S』は専用のエキゾーストシステムや、マットブラックペイントの20インチAMGクロススポークホイールも備えるので、やはり食指が動くのはこちらかもしれない。

実用的なステーションワゴンでありながら、その走りは“世界最速ワゴン”を謳うハイパフォーマンスモデル。ひと味違うクルマにこだわる大人の男に似合いそうな一台だ。

Text by Taichi Akasaka