ロティサリー01_R(2)
- ワンランク上のオシャレな人気キッチンツール -

柔らかくジューシーなローストに燻製も可能。パナソニック「ロティサリーグリル&スモーク」

分厚く切った肉を噛みしめると、溢れ出す旨味と肉汁…。男なら誰もが憧れるに違いない、手間のかかる美味い肉料理が手軽につくれるだけでなく、普段の生活で必要な機能まで盛り込まれた「ロティサリーグリル&スモーク」がパナソニックからリリースされる。

グリル、燻製、オーブン、トーストがこれ1台で料理できる

たっぷりのハーブで焼き上げたパリッとした皮目と、ジューシーな肉の旨味がたまらない「ロティサリーチキン」、外側をじっくりと焼き上げて肉汁をしっかりと中へ閉じ込めた、噛み締めるたびに滋味溢れ出す「ローストビーフ」、飴色に焼きあがった香ばしい表面と、凝縮された豚肉の甘みがじんわり美味い「焼豚」など、塊肉というのはどうやら人間の根源的な欲求を呼び覚ます食べ物である。その至福の味わいと充実感は何物にも代えがたく、さらにはビールやワインを合わせるともうたまらないものだ。

ところが塊肉の調理はなかなか大変だ。失敗しがちなのが「中までしっかり火が通ったかどうか」を見極めることだろう。外側は焼けているが中が生、その反対で中はよく焼けたけれど外が黒焦げ…材料費も、そして時間も手間もかかっているだけに、失敗してしまったときのダメージは計り知れないものがある。

しかしそんな失敗はもう無用。食材の下処理をしたあとは、パナソニックの「ロティサリーグリル&スモーク」におまかせするだけでOKだ。
一見すると大型のオーブントースターのような外見のロティサリーグリル&スモークは、これ1台で「グリル」「燻製」「オーブン」「トースト」という4つの使い方ができるマルチな一台なのだ。

本格的な料理から簡単調理まで。“家飲み派”にはたまらない一台

ロティサリーグリル&スモークには、新開発の「360度回転ロティサリーグリル」専用のアタッチメントがある。ここに食材を入れて360度回転させながら、外側をこんがりと焼き上げる「遠赤外線ヒーター」と、内部までしっかりと熱を入れる「近赤外線ヒーター」でじっくりと炙り焼きができる。これにより肉が固くならずに表面をしっかり焼き、中まで熱々に仕上げてくれるのだ。もちろん野菜のグリルも上手に仕上がる。
そして嬉しいことに燻製の機能も搭載されているので、本格的な手作りベーコンを作ったり、チーズやゆで卵、餅などいろいろなものをスモークして、いつもと違う味わいを楽しめる。
炙ったり燻製したりすると、気になるのが煙だ。しかし触媒フィルターと触媒専用ヒーター、強制排気ファンを搭載しているので、煙を大幅に軽減。さらには調理と同時に庫内天井の汚れを分解するセルフクリーニングコートが、そして庫内の側面と奥面には拭き取りしやすくするための塗装が施されているので汚れにくく、手入れも楽々だ。
ピザやグラタンを焼き上げる「オーブン」の機能もあり、ロールパンや揚げ物の温めもOK、また一度にトーストを4枚焼くことができるなど日常で使う機能も充実しているので、買ったはいいが時々しか使わず、宝の持ち腐れになってしまう心配もない。
ウィークデーには普段使い、そして休日は腕によりをかけたメニューを作れるロティサリーグリル&スモーク。家飲み派にはたまらない一台となるだろう。

Text/Tamotsu Narita