pixta_32106125_S_R(2)
- 【モテ技】社内女性の口説きテク -

社内恋愛の王道!部下に尊敬される上司としての立ち居振る舞い

40代男性が20代女性と知り合う主戦場は、やはり職場。しかし、責任ある仕事を任されている40代男性ならば、職場の20代女性を恋愛対象として誘うリスクは重々承知のはずだ。リスクを追わずに職場の女性と恋愛関係になれる唯一の方法は、「仕事を通じてアプローチをすること」。言うは易く行うは難し、な上級テクニックの詳細について、美女が教えてくれた。

■今回のアドバイザー
Aさん 28歳 人材コンサルタント

フランクな職場は恋愛禁止。でも…

自分の気持ちに正直なAさん。恋に対しても奔放なスタンスで、タブーな雰囲気のある職場恋愛の経験も豊富だ。

Aさん「以前働いていたケータイショップは、社内恋愛が禁止でした。職場の雰囲気はすごくノリがいい感じで、年に4回くらいクラブを貸し切って会社主催の社員交流のイベントがあるんです。そのイベントの時はみんなドレスアップして羽目を外すんで、そんな盛り上がる環境で職場恋愛するなっていう方が難しいんですよね(笑)。41歳の彼とも、隠れて付き合っちゃいました!」

憧れの上司からの本気の指導で生まれ変われた

交際に至るまでのふたりの関係は、ごく普通の“職場の上司と部下”だったという。

Aさん「付き合う前は、単なる同じ職場の上司と部下。その頃私は仕事が上手くいっていなくて、漠然と辞めたいって考えてたんです。彼はそんな私の甘えを見抜いて、『このまま仕事を辞めたら絶対後悔する。周りの皆も、君のことなんてすぐに忘れるよ』ってちょっとキツめに叱ってくれたんです。その時はすごくムカついたんですけど、負けず嫌いな私はその言葉をバネに仕事を頑張れるようになりました。

それまで付き合ってきた同年代の彼氏たちは、いつだって私の言うことを肯定して甘やかしてくれてたので、男の人に叱られるのは初めて。でも、私のことを真剣に考えてくれてるからだってことが伝わってきたので、悔しい反面嬉しくもありましたね。尊敬できる上司として、彼に対しての信頼度がすごく上がりました」

部下女性からの愛が欲しければ“デキる男”になるのが近道

“尊敬できる上司”という立場が揺るぎないものになったあと、その信頼は次第に特別なものに変化してくことになる。

Aさん「彼はものすごく仕事がデキる人で、営業成績は常にトップだし、何度も会社から表彰されるところを見てきました。頭がいいから話も面白い。お説教されてからは『彼みたいになりたい』『彼に褒められたい』という気持ちが強まって、彼のいい所をなるべく取り入れるようにして私も自分の仕事に挑んだんです。そうしたら、私の営業成績もみるみるアップして、全国3位の売り上げ成績をマーク! 『やっぱり彼ってすごい人なんだ!』とますます尊敬も強まって、いつのまにか彼のことが好きになってました。付き合うようになった後で聞いたら、実は彼の方も会社のイベントで見かけた私にひと目惚れしてたらしいんですけどね(笑)。

部下の女の子を好きになったら、とにかく仕事ができるところを見せたり、アメとムチを上手く使い分けたりして、彼女が仕事の面で成長できるような指導を真剣にするといいと思います。尊敬って簡単に恋心に変わりますし、尊敬できる人から褒められるのって女性はすごくドキドキするんですよ」

職場の女性に恋をするということは、やりにくい部分がある以上に“見せ場”に恵まれるということでもある。男として一番カッコイイ瞬間をアピールできる…と前向きに捉えて仕事に励めば、部下の美女を虜にできる日もそう遠くはないだろう。

最後にアドバイザーからひと言

「尊敬できる上司からの愛のある指導は、部下の女性にとって最高のアプローチ」

text by Takumi Arisugawa

illustration by Ayako Sakamoto