繝溘Φ繝サ繧キ繝シ逕サ蜒・1_R_R(1)
- 魅惑のボディで注目のスーパーモデル -

世界を席巻する中国人モデルのエース──ミン・シー

近年のファッション業界で、その活躍ぶりが目につくのがアジア系スーパーモデルだ。これは、グローバルに活動するアパレル企業がより成長の見込めるアジアの新興国をターゲットにしていることにほかならない。こうした世界を席巻するアジア系モデルのなかでも、注目度、ルックスの両面でその代表といえるのが、中国人スーパーモデルのミン・シー(Ming Xi)である。

まるで少女のようなあどけなさ、それでいてセクシー、絶妙な存在感を放つミン・シー

その潜在的な需要を獲得するために、多くのアパレル企業やeコマースが進出を図っている「中国市場」。中国の人々の間では、老舗高級ブランドの知名度は高いものの、ハイファッションやカジュアルブランドはまだそれほど浸透していない。そのため、さまざまな試行錯誤が続けられている。

ブランドの知名度をアップさせるうえで重要なのは、アンバサダーとなるモデルの存在だ。ファッション業界では近年、アジア系スーパーモデルの需要が増し、高級ブランドのグローバルキャンペーンに起用されることがしばしばあるが、それはこうした背景によるものが大きい。

このファッションブランドのグローバル戦略という“使命”を担い、同時に今、その素材によって世界的に大きな注目を集めているのが中国人スーパーモデルのミン・シーだ。

従来のアジア系ファッションモデルには、細い目元にスラリと伸びた手足、そこはかとなく漂うユニセックスな雰囲気…など、オリエンタル感の強いタイプが多かった。ミン・シーも、身長178cmのスリムなスタイルを生かしたランウェイでのクールな姿を見る限り、これまでのアジア人モデルの文法に則っているようにも思えるが、その素顔はまだあどけなく、どちらかといえば少女のようだ。それでいて、こちらが驚くほどセクシーな一面も見せる。この絶妙な存在感が、ミン・シーならではの個性となっているのだ。
(C) Pacific Coast News/amanaimages

モデルズドットコムが“最も期待されているモデル”と評価する中国人スーパーモデル

ミン・シーは1989年、上海に生まれる。早くからファッション業界に興味を持っていたらしく、上海東華大学に進学し、デザインと演技を学んだ。

大学卒業から1年後の2009年、モデルを目指してテレビのオーディション番組に出演。ここではチャンスをつかむことはできなかったが、さらに1年後、パリとニューヨークに本部を置く世界的なモデルエージェンシー、エリート・モデル・マネジメントのコンペティションに参加し、見事入賞を果たす。その実績によってジバンシィとの契約を勝ち取り、2010-2011秋冬シーズンの広告モデルに抜擢されたことで、本格的なモデル活動を開始するのである。

2013年にはヴィクトリアズ・シークレットのショーに参加。アジア人モデルとしては異例の抜擢となり、このとき以降、毎年ショーに参加する常連モデルとなる。2016年にパリで開催されたショーでは、ピンクのランジェリー姿でキュートなボディを披露。ザ・ウィークエンドのライブステージでは、一転して黒のランジェリーを纏って満員の観客を魅了した。

いまやファッションブランドにとってミン・シーの存在は欠かせなくなり、その活躍はグローバル規模となっている。“モデル・オブ・イヤー”などのモデルランキングで知られる「Models.com(モデルズドットコム)」では、“最も期待されているモデル”と評価されるほどだ。
(C) PA Photos/amanaimages

2017年11月に上海に上陸するヴィクシーのショーの主役は中国人モデルのミン・シー

2017年3月、ヴィクトリアズ・シークレットは上海に旗艦店をオープンした。オープニングセレモニーでは、看板モデル“エンジェル”のアレッサンドラ・アンブロジオとジョセフィーヌ・スクライバーがテープカットを行って注目を集めたが、この2人と並んでセレモニーに華を添え、アンバサダーとしての使命を全うしたのが、中国人モデルのスイ・ハ、そしてミン・シーである。

さらに、年に一度行われるヴィクトリアズ・シークレットのショーも、2017年は11月に上海で開催されることが決定。ヴィクシーのショーがアジアに上陸するのはこれが初めてとなる。ここでもミン・シーが大きな役割を果たすことは間違いない。

ミン・シーは現在ニューヨークに住み、ここを拠点にトップモデルとして世界中を飛び回っている。5月のカンヌ映画祭には、鮮やかなエメラルドグリーンのセクシーなシルクサテンドレスを纏ってレッドカーペットに登場し、メディアを喜ばせた。その一方、インスタグラムなどでは親しみやすい、あどけない笑顔を見せ、肩肘の張らないコーディネートを披露している。

中国国内のみならず、世界中の女性たちが気軽に憧れることのできる絶妙な距離感。ミン・シーは、その唯一無二の個性と、ファッション業界の大きな期待を背負いながら、ますます輝きを強めている。

Text by Kiyoshiro Somari

Photo by (C) WENN/amanaimages(main)