縲織rive縲代い繧ケ繝医Φ繝槭・繝√ΦDB1笏€笏€24蜆・・雜・〒關ス譛ュ縺輔l縺溷錐霆・繧「繧ケ繝医Φ繝槭・繝√ΦDBR1逕サ蜒・1_R(2)
- スーパーカーブランド【アストンマーチン】 -

アストンマーチンDBR1──24億円超で落札された名車

海外の自動車メディアをチェックしていると、コレクターが手放した希少な名車がオークションに出品され、億単位の落札額でオークションハンマーが叩かれる…といったニュースをよく見かける。先日も、日本の納屋で発見された1969年製のフェラーリ『365GTB/4』、通称「デイトナ」が予想価格を上回る約2億3500万円で落札されて話題となった。そんななか、2017年8月下旬にカリフォルニア州モントレーで開催されたオークションで、英国車として歴代最高価格で落札されたのが1956年に製造されたアストンマーチン『DBR1』だ。その落札額は2225万ドル、じつに約24億6550万円にのぼる。

オークションで史上最高額が付けられた英国車、1956年製アストンマーチン『DBR1』

アストンマーチン『DBR1』を出品したのは、カナダで創業された老舗で、以前は「RMオークション」の名で知られていたRMサザビーズ。2015年から世界最古の美術品オークション会社であるサザビーズと提携し、現在の名称となった。

RMサザビーズをはじめ、各オークション会社は毎年夏、サンフランシスコから南へ約2時間のところにある美しい海岸線で開催される「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」の大規模なオークションに、価値の高いヴィンテージカーを競って出品する。2016年には、シェルビー『427S コブラ』、メルセデス・ベンツ『300SLロードスター』、フェラーリ『F40』、マツダ『コスモスポーツ』といった名車が出品され、コブラは落札されなかったものの、『300SLロードスター』が約1億2386万円で落札されなど活況だった。

しかし、今年の最高落札額は、まさしく桁が違う。クルマは英国車ファンなら誰もが知るアストンマーチンの『DBR1』。これまで英国車でもっとも高値で落札されたのは、1955年製のジャガー『Dタイプ』の2180万ドル(約24億1000万円)だったが、それを上回る2225万ドル(約24億6000万円)で落札されたのである。これによって、『DBR1』は“オークションで史上最高額が付けられた英国車”の称号を得ることとなったのだ。

生産台数わずか5台、1959年のル・マン24時間レースを制した英国車史上に残る名車

『DBR1』が英国車歴代最高となる価格で落札されたのには、いくつかの理由がある。まずひとつは、このクルマが1956年にレーシングカーとして開発され、わずか5台のみが製造された超希少車だったということだ。

1950年代前半、当時もっとも注目されていたチャンピオンシップである世界スポーツカー選手権は、市販車をベースにした車両でなければ出場することができなかった。しかし、1955年にレギュレーションが改定され、レース専用に開発されたマシンでも参戦することが可能となる。このとき誕生したのが『DBR1』だ。

5台の『DBR1』には、一般向けにアストンマーチンが開発した2.5Lの直列6気筒エンジンを搭載したモデルと、ル・マン用の3.0Lエンジンを搭載するモデルの2つがあった。RMサザビーズのプレスリリースによれば、オークションに出品された車両は3.0Lエンジン。しかも、シャーシナンバー「1」が付けられていることから、5台のうち最初に製造されたモデルだったようだ。

『DBR1』は世界3大レースのひとつである1956年のル・マン24時間でデビュー。この年はリタイアしたものの、1959年にはル・マンとニュルブルクリンク1000kmのダブルタイトルを獲得する。当時、不景気によるボンド危機を迎えようとしていたイギリスにとって、アストンマーチンが常勝フェラーリに勝利したニュースは、国中が喜びに湧き上がる出来事だった。

こうした歴史的背景もあり、『DBR1』は超希少車というだけではなく、アストンマーチン、そして英国車の歴史においても、もっとも重要なモデルとされている。そのため、オークションに出品されること自体が大きなニュースとして報じられ、2000万ドル以上の値がつくに違いないと噂されていたのだ。

“アストンマーチンのスペシャリスト”の手によって完璧にリメイクされた『DBR1』

このクルマのステアリングを握ったドライバーたちの名も『DBR1』の価値を引き上げた要因に違いない。たとえば、トニー・ブルックス、スターリング・モス、ジャック・ブラバム、ポール・フレール、ジム・クラーク…。いずれもモータースポーツ史上に燦然と輝く伝説的なレーシングドライバーばかりだ。

そしてもうひとつ、忘れてはならないのが車体の美しさだろう。写真を見ればわかるように、この『DBR1』はこれまで所有していたコレクターによって、本来の価値を下げないように細心の注意を払ってレストアされている。
エメラルドのように輝くグリーンメタリックのボディの塗装はもちろん、ダッシュボードのレイアウトも『DBR1』の設計者であるエドワード・ジョン“テッド”カッティングのリポートを基に再現。しかも、レストアを担ったのは、アストンマーチンのスペシャリストとして知られるR.S. Williams(リチャード・スチュアート・ウィリアムス)社なのだ。

つまり、アストンマーチンの歴史上もっとも価値のある名車が、正統な技術者の手によって完璧に蘇ったからこそ、これだけの高値で落札されたのである。巷では、『DBR1』に付けられた24億円超の価格をめぐって「高い」「安い」との議論がなされているが、落札したコレクターは心から満足しているに違いない。

Text by Koji Okamura

Photo by (C) RM Sothebys