u5b9fu306fu3068u3063u3066u3082u6050u308du3057u3044uff01u98f2u9152u5f8cu306eu5165u6d74u304cu5371u967au306au7406u7531u3068u306fuff1f
- NOMOOO powered by éditeur -

実はとっても恐ろしい!飲酒後の入浴が危険な理由とは?

夕食を楽しむためには、美味しい食事と美味しいお酒が絶対に必要だ。このように、時の流れを忘れ、自分なりの美味探求をはじめるお酒好きの方は多いと思いますが、注意したいのがその宴が終わった後の行動です。

気持ちよ過ぎて外で寝てしまうのもどうかと思いますが、酔いがまわった状態で入浴をしようとする人は、これ以上に特に危ないといわれていることをご存知でしょうか。
つまり、「飲酒後の入浴は危険」ということなのです。今回、ここでは飲酒後の入浴が何故危険なのか、その理由を紹介していきましょう。

飲酒後の入浴が危険と言われている理由

お酒を飲んだ後は血行が良くなっており、お風呂に入ったらより血の巡りが良くなるのではないか。

こんな考えを持たれている方も、少なくはありません。しかし、飲酒をした後にお風呂に入ると脳貧血を起こす可能性があると言われているのです。例えば、血液循環が良過ぎることによる乱れが生じ、血圧が急激に低下してしまう可能性があるようです。

さらに、心拍数が必要以上に増加してしまうことも考えられるために、不整脈を起こす危険性もあるというのです。

血流が良くなる説を信じていた人とは別に、風呂に入るとサッパリするし、汗をかくからその分アルコールが抜けきってしまうと信じていた人もいるようですが、どちらも正解ではなく、むしろ悪影響しか及ぼさないといわれているのです。

体温の上昇が天井知らずに起こる!?

お酒を飲んで体がポッカポカになるように、お風呂に入っても体中が温かく心地良い気分となります。
これは、血流が良くなって体温が上がっているということなのですが、アルコールで体が温かくなってしまうと、体温調節ができなくなってしまい、あまりにもお酒に弱い人だと、それだけでも体が危険な状態へと誘われます。

ある程度、お酒に強い方であっても、飲み過ぎると危ないのは、こういった体温調節ができなくなるからなのです。また、この状態でお風呂に入るとさらに体温が上がり、のぼせはもちろん、嘔吐、脳への血流量の低下などが起こり意識がもうろうとしてきます。

血流が良くなるイメージなのですが、飲酒しすぎることで血圧が下がっていくために、お風呂に入った時に意識を失ってしまうこともあるのです。

体にアルコールだけが残る

飲酒後の入浴を注意すべきこととして、汗と共に水分が抜け落ちてしまうということがあります。アルコールは、汗では抜けることはありません。むしろ、汗をかけば水分だけが抜けてアルコールは体内に残ってしまうため、二日酔いの原因にもなります。

また、アルコールを分解するためには、血流を良くして肝臓での分解を早めようという作用が体内で起きますが、入浴をすることで筋肉の方へ血液がまわってしまうことから、結果的にアルコール分界ができなくなってしまうのです。

何度もお伝えしている通り、アルコールが残っている状態であれば体調は悪くなりますし、心臓発作が起こるリスクも高くなっていくのです。

酔っぱらっていれば普通に危ない

酔い過ぎてしまうと、分かっていながらも、自分の行動がコントロールできなくなります。大量飲酒せずとも、お酒を飲んで直ぐにお風呂に入れば良いがまわってきます。
さらに、酔いが極端にまわれば入浴中はもちろん、浴槽内で滑ってしまったり、さまざまな機器にぶつかってしまうこともあります。心臓発作や不整脈などのリスクはもちろんですが、それ以前の問題が起こってしまうことがあるので絶対に注意してください。

結論!!〜時間を開けた入浴を!〜

飲酒後にどうしても入浴したい場合、できれば2~3時間は時間をあけてからにしましょう。また、水分をしっかりと摂取しましょう。
どうしても、飲酒後に時間が無いという方は、さっとシャワーで体を流すとか、洗顔、洗髪だけなどにとどめ翌日にしっかりと水分補給した状態で入浴することをおすすめします。

お酒が大好きな気持ちは分かりますが、敵に回すと恐ろしいことが起こる…ということだけは忘れずに付き合っていきましょう。