edt_otona_1708_02_a
- おとなの週末 powered by éditeur -

【おとなの週末】家族や友人と楽しむ “美味しい釣り”へ行こう!海釣り施設&鮮魚料理

観光途中の手ぶらでOK 釣った魚を和食店で食す

新幹線「こだま」の始発に乗ってやってきたのは熱海! 

「年に2・3回は温泉入りに来てるのに、こんなトコロがあったなんて知らなかった~」

熱海港にある堤防を利用した釣り場を市が管理しているのだ。海を覗いてみると、小魚がウヨウヨいる! これなら楽勝でしょと、さっそく教えてもらった通り針にアミエビ(エビの小さいの)を付け、海へと投入。するとそこに一気に群がる小魚達。

「お、食ってる、食ってる」

かすかな手応えを感じ、竿を上げてみる。アレ? 釣れてない。何度チャレンジしても、エサだけキレイに持っていかれてしまう。なるほど、この小魚達は日々訪れるたくさんの釣り人から、エサだけを奪い去る術を学んでいるとみた。1匹目を釣り上げたのは武内氏。

「ふふふ、これが実力ってヤツですかね」

くう、ムカつく! 今日は数で勝負じゃない、デカさよ!  大物狙いで、小魚達がいる水深より、さらに深いところへ針を落としてみる。と、そこへ

「きたああああ!」

慎重にリールを巻いていくと、そこに現れたのは……、出ました!! 高級魚カサゴちゃん。

「なんだ、小物じゃないっスか」

なになに? 負け惜しみか?アナタの釣ったネンブツダイなんて金魚サイズじゃん。しばらくすると、だんだんとコツをつかんできて、ふたりとも10分に1匹くらいの割合でタカベ、スズメダイといった小型の魚が上がるようになる。

「ま、ビールのおつまみになるくらいは釣れたんじゃない?」

そう、この施設の最大の魅力は、釣り場が提携している料理屋に持ち込めば、釣った魚をすぐさま調理してくれるところだ。堤防から歩いて20分ほどのところにある和食店『妙』に行き、唐揚げにしてもらった。釣りたての魚は身がフワッフワ。

「ネンブツダイってヤツ食べました? 美味しいですよ」

どれどれ? 

「魚なのに、“かっぱえびせん”みたいな味がする!」

他に海鮮丼や煮魚定食を注文し、宴会がスタート。汗をかいた後の身体に冷えたビールがしみ込む。あ~、今日も最高の1日だった。
釣り場となる堤防は熱海の街並みをパノラマ写真のようにのぞむ絶好のロケーション
(画像左)竿をレンタルすれば最初に釣り方を丁寧にレクチャーしてくれる (画像右)堤防には自分の竿や道具類を持ち込んで釣りが出来るエリアも設置
目の前にある船着き場からは初島行きのフェリーが発着する
(画像左)この堤防では珍しいカサゴをゲット! 正直に言うと、エサに食いついたのではなく、針がたまたまヒレにひっかかって上がっただけ(笑) (画像右)管理棟では発泡スチロール製のクーラーボックスと氷のセットを1000円で販売している。釣った魚はこれで冷やし、鮮度を保ったまま持ち込みが可能。貸し竿もあるので観光ついでの手ぶらでも釣りを楽しめる
小魚類は唐揚げに調理。鮮度抜群の身はフワッフワで、まさに絶品! 奥はメジナの刺身。大きな魚はこのように刺身にしてくれる

■静岡県熱海市
熱海港海釣り施設

熱海港に設置された管理釣り場。レンタル竿や発泡クーラーも用意されているので、手ぶらでOK! 初心者でもタカベやネンブツダイといった小魚を釣ることができ、堤防釣りデビューにももってこいだ。自分で釣った魚を提携する料理屋で調理してくれるのが最大のウリ。
静岡県熱海市和田浜南町1694-32 ☎0557-85-8600 営:(4~10月)6時~日没(基本)、(11月~3月)7時~日没(基本) 休:花火大会開催日、悪天候時 交:JR東海道線ほか熱海駅から熱海後楽園方面行きバスで終点下車し、徒歩5分 入園料大人500円 小・中学生300円、貸し竿セット・3時間2200円
http://www5d.biglobe.ne.jp/~atami/

■静岡県熱海市
季の食 妙

海の幸をふんだんに使用した料理を楽しめると、地元のファンも多い和食店だ。夜は近くの漁場で水揚げされた地魚を使った小粋なおつまみメニューを揃え、昼は刺身定食をはじめ、海鮮丼、煮魚定食などを手頃な価格で楽しめる。
静岡県熱海市渚町15-2 ☎0557-81-7802 営:11時半~15時半、18時~21時半LO 休:水 交:JR伊東線来宮駅から徒歩15分、海釣り施設から徒歩20分