繝上Φ繧ャ繝シ01_R(2)
- 40男が嗜む逸品 -

かけておくだけで脱臭できる“機能性”ハンガーが登場

人と会ったり、大勢の人が集まる場所で気になるのが自分の服のニオイだ。もしかして汗をかいて不快な臭気を発していないか、またタバコや焼肉の煙のニオイなどがついていないか…。しかしそんな悩みはパナソニックの「脱臭ハンガーMS-DH100」が解決してくれる。

ナノイーXで“ニオイ”と“花粉”を撃退する斬新な機能性ハンガー

スーツやジャケット、コートは内側からの汗のニオイが、そして外側からはタバコの煙や食事のニオイ、また花粉症シーズンにはたくさんの花粉も付着する。しかし毎日洗濯はできず、クリーニングに頻繁に出すこともできないため、会社帰りの電車内や車の中で「もしや……」と気になり、帰宅して慌てて消臭スプレーをかけたり、陰干しをするという方も多いことと思う。

しかしこれからはパナソニックから2017年9月1日に発売されるナノイーXを搭載した「脱臭ハンガー」にお任せだ。ハンガーに衣服をかけてスイッチを入れるだけで、ニオイも花粉もリフレッシュが可能となる。

このハンガーは「ナノイーX」を吹出してニオイを分解脱臭、花粉も抑制する。ナノイーXとは不快なニオイを抑える効果のある、水で出来た「OHラジカル」(高反応成分)をナノイーの10倍含む微粒子イオンのことだ。そのサイズは約5~20nm(1nmは1mmの100万分の1)なので、繊維の奥まで入り込んだニオイの原因物質にしっかり届いて分解、脱臭する。そしてOHラジカルは花粉のタンパク質を変性させ、抑制してくれる効果もあるので、花粉が気になる季節にも大活躍してくれる。

電気代は1回1円以下と経済的。モバイルバッテリー駆動も可能

ハンガーには肩用、背中・胸用、襟用、脇・袖用の8つのナノイーX吹出口があり、効果が衣服の隅々にまで行き渡るよう設計されている。
使用法は2通りある。そのままハンガーに吊るして使用すると衣類の内側に付着した汗のニオイを脱臭、そして付属品である衣類用カバーを掛けて使うと内側だけでなく外側に付着したタバコのニオイや花粉の抑制を行うという、用途に応じた掛け方ができる。
また厚みのある立体的なハンガー形状を採用しているので、衣服を掛けると人が着ているような状態になり、型崩れを防ぎながら衣類をケアできるメリットも備えている。
電気代は約5時間運転する通常モード、約7時間運転するロングモードどちらも1回1円以下と経済的で、電源は家庭用のコンセント、またモバイルバッテリーでも運転できるのでコンセントのない場所でも使用可能だ。
ハンガーに掛けてスイッチを押すだけという、衣類ケアのまったく新しい習慣となるパナソニックの脱臭ハンガーMS-DH100。汗が気になる夏はもちろん、衣服の内側で意外と汗をかく秋冬シーズンも、いつも手強いタバコや焼肉の煙のニオイも、そして花粉飛散シーズンもお任せの頼もしい1台になることだろう。

Text by Tamotsu Narita