繝槭け繝ゥ繝シ繝ャ繝ウ570S繧ケ繝代う繝€繝シ逕サ蜒・1_R(2)
- スーパーカーブランド【マクラーレン】 -

開放感という悦楽──マクラーレン570Sスパイダー

F1グランプリで培ったテクノロジーを活かしたハイパフォーマンスモデルを製造する自動車ブランド、マクラーレン・オートモーティブ。ラインナップは、最上位のスーパースポーツ「アルティメットシリーズ」、主力スーパーカー「スーパーシリーズ」、そして、エントリーモデルの「スポーツシリーズ」で構成される。『570シリーズ』は、エントリーモデルの「スポーツシリーズ」に位置する。現在は、ベースモデルである『570Sクーペ』、快適性と実用性を重視した『570GT』が存在。そして今回、待望のオープンモデル「スパイダー」が追加された。

マクラーレン『570Sシリーズ』に追加された大人の男を惹きつける高級オープンカー

オープンカーは意外に女子受けが悪い。室内は狭いし、収納も少ない。屋根を開ければ夏は暑く、冬は寒い。車内に入り込む風は、せっかくセットした髪をくしゃくしゃにして、入り込む日差しはじりじりと肌を焼く。

こう書くと、なんともデメリットが多い。しかし、オープンカーには大人のカーガイを惹きつけてやまない魅力があるのも、間違いない事実である。実際、彼らをターゲットとした高級スポーツカーには、ほぼ必ずといって良いほどオープンモデルが存在する。そういった意味では、マクラーレン『570S スパイダー』も、車好きにとっては興味が尽きない一台だろう。

車名が示す通り、『570S スパイダー』は『570S クーペ』のオープンモデルだ。一般的に、オープンモデルはルーフの開閉機構を加えたり、ルーフがない分の剛性を向上させるパーツを搭載したりするために、ベースであるクーペよりも車重が重くなり、動力性能が劣ることが多い。『570S スパイダー』も、構造全体の強度を保つために『570S クーペ』よりも46kg重くなっている。

しかし、これはたったの46kgの増加に抑えたというべきだろう。その秘密は、『570S スパイダー』が採用したカーボンファイバー製の「モノセルIIシャシー」にある。軽くて強いこの素材は、コンバーチブルでも強度が損なわれない。そのため、構造補強を施す必要がなく、車重の増加を抑えられたのだ。

結果として、『570S クーペ』と同等の動力性能を実現。最高出力570ps/7500 rpm、最大トルク600Nm/5000-6500rpmを発揮する3.8L V8ツインターボエンジンの動力性能は、0-100km/h加速3.2秒、最高速度328km/hを叩き出す。

クーペと同等の加速と操作性を実現した『570Sスパイダー』のデザインとハンドリング

オープンでありながらクーペと同等の加速性能を実現した理由は、デザインにもある。じつは、『570S スパイダー』はリアのスポイラーが『570S クーペ』よりも12mm高いのだ。これにより、ダウンフォースが増加し、空気力学面での全体的なバランスは、クーペに匹敵するようなレベルに保たれている。

これだけの動力性能を思いのままに操るため、足回りやハンドリングにも『570S クーペ』の技術を引き継いだ。

フロントとリアには、可変ダンパーとデュアルウィッシュボーンを採用。ハンドリングは、3つのモードから設定が可能で、シーンに合わせて、洗練されつつも操作性の高い走りの「ノーマル」、サーキット向けのドライビング・エクスペリエンスを堪能できる「スポーツ」「トラック」の3つモードから選ぶことができる。また、電動油圧式パワー・ステアリング、カーボンセラミックのブレーキなどが標準装備されている。

ボタンを押せば15秒で開閉する『570Sスパイダー』のルーフ、普段使いにも不便なし

オープンカーの醍醐味は、なんといってもルーフを開けたときの開放感だ。 『570S スパイダー』のルーフは、上位車種である『650Sスパイダー』『675LTスパイダー』に装備されたリトラクタブル・ハード・トップを採用している。開閉はボタンひとつ。15秒で動作を完了し、時速40kmまでなら走行中も使用可能だ。開けて走ると、マクラーレン独自のエキゾーストノートを満喫することができる。閉めたときには、ソフトトップよりも室内は静か。助手席に大事な人を乗せているときには会話も音楽もクリアに楽しめて、1人でドライブプレジャーを満喫したいときには、運転に集中できそうだ。
オープンカーは、ルーフを収納する形状上、ラゲージスペースに制限ができる。『570S スパイダー』も、セダンなどに比べるとけっして広くはないが、それでもオープン状態で 52Lものラゲッジスペースをリアに確保している。さらに、ミッドシップレイアウトを活かし、普通はエンジンルームになっているフロントにも150Lのスペースを確保。ちょっとした旅行など、日常使いには不便がない仕様となっている。

すでに全世界でオーダー受け付けを開始し、英国ウォーキングのマクラーレン・プロダクション・センターにおいて手作業で組み立てが始まっている『570S スパイダー』。デリバリーの予定は2017年秋頃からで、最初の400台はローンチエディションモデルとして限定生産されるという。車両本体価格は2898万8000円(税込み)。まさに、世界最高峰のオープンカーである。

Text by Tsukasa Sasabayashi