pixta_17435451_S_R(2)
- 都心でも体験可!ボルダリング入門 -

ボルダリング上達のためのトレーニング方法は…

次々と難解な課題へ挑戦していくボルダリング。やるからには、「成長したい」という想いを抱いていることだろう。そこで、インストラクターの細野かおりさんに、ボルダリング上達のためのトレーニング法を伝授してもらった。

■今回のアドバイザー
クライミングインストラクター
細野かおり

1987年5月27日生まれ。愛称はカオリン。20歳でクライミングに出会いクライミングジムOZの店長を経験。2014年、2015年のボルダリングの日本代表となる。2014年からはフリーランスのクライミングインストラクターに。日本全国でインストラクター・セッター(登るコース・課題の作成)など、クライミングに関わる分野でオールマイティーに活躍している。

定期的にジムを訪れて、登る感覚を体に叩き込む

体力と頭脳の両方をまんべんなく使うボルダリング。上達するためには綿密に組み立てたトレーニングが必要なように思えるが、細野さんいわく、ボルダリング上達のカギはたったひとつの行為に集約されるという。

細野さん「ボルダリングが上手くなりたければ、とにかく登る事。最初は筋肉痛がすごくて、次にボルダリングジムを訪れるまで期間が開いてしまいがちですが、次に登るまでの期間があまり開きすぎると、せっかく登って成長していっている感覚や筋力が元に戻ってしまいます。疲れはグッと堪えて、少なくとも週1回は通うようにしましょう。クライミングは登れば登っただけどんどん成長します。まずは必死になって一生懸命登りまくるのです。

そこまでやった後にはじめて、インストラクターや経験者の力を借りて、行き詰まっている症状に合わせた動き方や持ち方を修正しましょう。登っている感覚が劇的に変わり、今までクリアできなかったルートを克服して登れるようになるので、ボルダリングがまた一層楽しくなります」

人との関わり合いが上達への近道

「ひたすら登る」という目的の他にも、ボルダリングジムに定期的に通い続けるべき理由はある。

細野さん「ジムでは、上手な人の動きを良く見るだけで勉強になります。イメージトレーニングの一環として、人が登っているところをたくさん見るようにしましょう。登り方が分からない時は一人で考え込むことを楽しんでもいいですが、色んな人と登る事が成長の近道になることもあります。ジムスタッフを始め、周りの人にアドバイスを求めてみて下さい。知らない人でも聞けば登り方を教えてくれますよ。ジムに定期的に通うことで仲間を作るのも上達への第一歩なのです」

自宅で、公園で…ひたすらぶら下がって保持力UP!

それでも、多忙な40代のこと。ジムに通いたい気持ちはあっても時間を捻出できないということもあるだろう。そんな時は、次のようなトレーニングが有効だ。

細野さん「ジムになかなか通えないという人は、自宅や公園などどこでもいいので、とにかくぶら下がるようにしてみてください。余計な筋肉はつけないほうがいい場合のほうが多いので、筋トレは相当筋力が不足していない限りは行いません。とにかくたくさん登れるように、指の体力=保持力をつけるのです。ぶら下がる時は手で握る様に持つのではなく、できる限り指先でひっかけるだけの持ちかたでぶら下がるように心がけましょう。

ボルダリングは多種多様な動きを要求されるスポーツですが、上達のカギは“登る”という動きをひたすら体に覚えさせることです。登ることに夢中になりすぎて体の疲労を蓄積しすぎると怪我を招くこともあるので、登った分以上にストレッチをするなど体のケアを行ってあげるのも大切ですね」

最後にアドバイザーからひと言

「年齢に関係なく、やった分だけいつまでも成長を感じられるのがボルダリングのいいところ。ぜひたくさんの失敗と成長を体感してください!」

text by Takumi Arisugawa