縲織rive縲善erfect Black竇。笏€笏€鮟偵〒繧ュ繝。縺溘す繝懊Ξ繝シ繧ュ繝」繝励ユ繧」繝・繧ュ繝」繝励ユ繧」繝娠erfect Black竇。逕サ蜒・1_R(2)
- 大人のための最新自動車事情 -

Perfect BlackⅡ──黒でキメたシボレーキャプティバ

シボレーと聞くと、スポーツカーの『コルベット』や『カマロ』など、マッチョな“THEアメ車”をイメージする人が多いかもしれない。しかし、シボレーはGM(ゼネラル・モーターズ)のなかで数少ないグローバルブランドのひとつで、そのラインナップは多岐に渡る。2011年には、時流に即したアメリカンブランドとして、「誰もが手に入れやすい幅広い車種」を導入していくと発表。その先陣を切ったのが、7人乗りミドルサイズSUVの『キャプティバ』だ。この『キャプティバ』をベースに、2016年6月に発売されたのが特別仕様車の「Perfect Black(パーフェクトブラック)」である。それから約1年、限定モデル第2弾となる「パーフェクト ブラック エディションⅡ」が発売された。

7人乗りのミドルサイズSUV『キャプティバ』をベースにした特別仕様の限定社モデル

『キャプティバ』は、全長4690×全幅1850×全高1790mmというボディサイズに「2-3-2」の3列7人乗りシートを配置したミドルサイズSUV。2.4Lの直列4気筒DOHCエンジンを搭載し、アクティブオンデマンド式の電子制御4WDによる駆動方式を採用する。日本市場へは2011年から正規輸入が始まった。

2015年にはマイナーチェンジを受け、中央にボウタイエンブレムを持つ大胆で精悍な新デュアルポートグリルに変更。足元には2トーン19インチアルミホイールを装備するなど、力強いスタイルが特徴だ。安全装備では、7名分の3点式シートベルトや6エアバッグ、最新型のESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)やブレーキアシスト、ARP(アンチ・ロールオーバープロテクション)、HDC(ヒル・ディセント・コントロール)など、走行中のリスク低減のために必要なあらゆる機能を装備する。

「パーフェクト ブラック エディションⅡ」は、この『キャプティバ』をベースに内外装を黒でドレスアップした特別仕様車だ。2016年6月に発売されて好評を得た「パーフェクトブラック」に続く、第2弾の限定モデルとなる。

特別な一台であることを強調する「パーフェクト ブラック エディションⅡ」の内外装

エクステリアは、ボディカラーに新色の「ブラックミートケトル」を採用し、特別装備の19インチブラックペインテッドホイールと組み合わせることで完璧なブラックアウトに仕上げた。エンジンフードとテールゲートには専用デカールを装着。アクセントとなっている「Perfect Black」のロゴデザインは限定車専用のもので、特別な一台であることを強調している

インテリアには、ダークチタニウムのシートスティッチカラーを採用。3列シートのうちの前席と2列目左右には、ヒーター付レザーシートを装備した。また、後部席には大型LEDディスプレイ、DVDマルチプレーヤー、デジタルTVチューナーを搭載。Apple CarPlayとAndroid Autoに対応する最先端インフォテイメントシステム「シボレーMyLink(マイリンク)」により、ドライブ中でも快適な移動時間を愉しむことができる。ちなみに、「シボレーMyLink」は、iPhoneを接続すると、ステアリングホイールのスイッチやMyLinkタッチスクリーンを操作し、iPhoneアプリや機能に簡単にアクセスが可能。Siri音声コマンドを使えば、運転中に前方を向いたまま話しかけるだけで安全な操作が可能だ。
「パーフェクト ブラック エディションⅡ」の価格は、ベースモデルよりも30万円アップの409万円(税込み)。黒で統一した特別な内外装と充実装備を考えるとお買い得といえるが、販売台数は限定15台のみ。すでに完売している可能性もあるので、興味のある人はお近くのシボレー正規ディーラーに急いだほうがいいだろう。

Text by kenzo Maya