pixta_29648221_S(1)
- 40代から始めるジム・トレーニング -

トレーニング前に食事は摂るべき? 空腹とジム・トレーニングの関係

ジム・トレーニングをする際、事前に食事を摂るか否かで悩む人もいるはず。なかには、減量効果を狙って空腹のままジムに行く人もいるが、体の負担になるケースもあるという。ボディビル選手の佐藤貴規さんに詳しい話を聞いた。

■今回のアドバイザー
ゴールドジム プロダクツ
佐藤貴規さん

ボディビルダー・ジャガー佐藤として活躍しながら、フィットネスクラブ「ゴールドジム」のプロダクツを務め、セミナーなども意欲的に行っている。

極端な空腹状態でのトレーニングは低血糖の危険アリ

そもそも、トレーニングの前に食事を摂る必要は、どれくらいあるのだろうか。

佐藤さん「減量が目的の場合は、空腹の状態でトレーニングすることで、脂肪燃焼などに効果があるかもしれません。しかし、絶食などで極端に栄養状態が悪い場合は糖質が足りず低血糖を起こす危険性があります。低血糖になると、めまいやふるえ、意識の低下などを招くため、あまりオススメできません。また、体を作るウエイトトレーニングが目的ならば、何も食べていないと筋肉の材料となるタンパク質が足りず、効果があまり得られません」

トレーニング前には吸収されやすいものがオススメ

効率のよいウエイトトレーニングや、体調管理の観点からもトレーニング前の食事はとても大切。そこで、佐藤さんにジム・トレーニング前にオススメなメニューを時間別に聞いた。

●トレーニング開始30分前
<メニュー>
バナナ、ゼリー飲料など体内に吸収しやすい炭水化物、BCAAなどのアミノ酸

佐藤さん「運動の直前には、消化吸収がすみやかに行われるゼリー飲料などを摂りましょう。肉など吸収に時間がかかる食べ物を摂ってしまうと、運動時に胃の中に溜まってしまい、エネルギーに変化しないばかりか、気分が悪くなる可能性もあるので、注意してください」

●トレーニング開始2時間前
<メニュー>
ごはん(おにぎり)などの、食物繊維や脂質を含まない複合炭水化物、ホエイプロテイン

佐藤さん「運動時に胃の中に食べ物が残らないように、逆算して食事内容を決めてください。2時間もあれば、タンパク質などの成分は消化吸収が進み、トレーニング時に有効利用されます。ホエイプロテインは体内への吸収が早くて胃にもたれにくく、炭水化物もトレーニング時のエネルギー源になるのでオススメです」

ただし、揚げ物などの脂質が多いメニューは消化が緩やかなため、時間が経っても胃に残りやすく、避けるべきとのことだ。

体内への吸収速度を考慮してトレーニングに備える

佐藤さんにあげてもらったメニューを踏まえると、トレーニング前に食事を摂る際は、体内への吸収速度がポイントであることがわかる。

佐藤さん「胃や腸に食べ物が残っている状態は、医学的には体外にあるのと同じです。タンパク質や糖質などのエネルギー源は、体内に吸収されてはじめて、運動時に活用されます。そのため、栄養が体内に消化吸収された状態でトレーニングをはじめるのが理想です。食材(栄養成分)それぞれの吸収速度を考慮し、逆算して摂取することを心がけてください」

最後にアドバイザーからひと言

「体づくりにとって、運動(トレーニング)と栄養(食事)は車の両輪のようにどちらも重要です。トレーニングを頑張った成果を、最大限に引き出すためにも栄養補給にも気を配ってください」

Text by Miki Ohnuki(Seidansha)