pixta_19128105_S(1)
- 40代から始めるジム・トレーニング -

「初めてのジム」は自宅と職場、どちらに近い場所がベター?

トレーニングジムを選ぶ際に、まず気になるのが場所の問題。なるべく長続きさせたい場合、自宅と会社では、どちらに近い方がベターなのだろうか。初心者が悩みがちなジム選びの基本について、ゴールドジムの荒川孝行さんに聞いた。

■今回のアドバイザー
ゴールドジム アドバンストレーナー
荒川孝行さん

日本記録を保持するパワーリフティングチャンピオンとして活躍する傍ら、フィットネスクラブ「ゴールドジム」のアドバンストレーナーを務める。自らの体験を指導に反映させながら、的確な指導を心がける。

平日のみトレーニングを行う人が、継続を目的とするなら職場近くがオススメ

継続を目的に据えた場合、ジムを選ぶ際には自宅と職場、どちらに近いほうがいいのだろうか?

荒川さん「自宅と職場、どちらか一方をおすすめするのはなかなか難しい問題です。職場環境や職種といった前提条件によって、適した距離は異なってくるからです。それでも、あえてオススメを挙げるとしたら、平日のみトレーニングをする方でしたら職場から近いほうが良いでしょう。仕事が終わってから一息つかず、そのまますぐジムに行くことで、仕事に通うのと同じ感覚で習慣化しやすいかと思います」

ただしジムを選ぶ際に、職場との距離以外に“安さ”を基準にするのはあまりおすすめしないという。

荒川さん「これは、料金が安いジムやプランがNGという意味ではなく、個々のジムによってコンセプトや対象とする会員の層が異なるからです。そのジムがどのような目的でトレーニングをする人に向いているのか、サポート制度はあるかなど、事前に調べておく必要があります。そのうえで自分に合ったジムや会員種別を選ぶのがベターかと思います」

“ムリなく通える”トレーニング頻度を見つけ出すことが大切

たとえば、日々の運動不足を解消する、という目的ならばどれくらいの頻度でジムに行くべきなのだろうか?

荒川さん「極端に言えば、週に1回でも問題はありません。何より大切なのは”週に何度トレーニングをおこなうか”ではなく“毎週定期的に決まった回数をムリなく行うこと”です。たとえば、ある週は頑張って5回トレーニングをしたけれど、翌週は1回しかジムに行けなかったという人よりも、毎週2回ムリなくジムに通う人のほうが効果を出やすいのです」

ジム選びのポイントは継続して通えること。運動不足解消を目的とした場合は、週に何回通うのが理想的なのだろうか?

荒川さん「自分にとって継続できるトレーニング頻度を見つけることが大切です。その頻度は、人によって週2回だったり、3回だったりと回数が異なるので探ってみるのも◎。理想の回数としては、週に3回通えば十分な効果を期待できるでしょう」

モチベーションが下がってしまったときの対処法

通う回数を決めていても、日によってモチベーションが下がってしまうこともある。そういった場合はどう対処すべきだろうか。

荒川さん「ズバリ休むことです。トレーニングは義務ではありません。いやいや行うくらいなら、少し休んだほうが長い目で見るとやる気が継続して長続きします。しかし、本当に体を変えたい、効果を出したいと心から願っている方は、決めた回数分は頑張ってジムに通っていただく必要があります。そこには『モチベーションが上がらない』といった言い訳は不要です」

特に“体を作る”という、明確な目的がある場合はモチベーションを理由に休むのは考えものだという。

荒川さん「ウエイトトレーニングを行って、体を変えた方々は決してラクをして効果を出したわけではありません。程度の差こそあれ、日々の仕事や家庭、そのほかさまざまな課題と向き合い、日常生活とトレーニングを両立してきた方だけが、体を変えることができます。もしも、モチベーションが下がったと感じたときは、自分がトレーニングを行っている目的を今一度思い起こしてみるのも、ひとつの方法かもしれません」

最後にアドバイザーからひと言

「ウエイトトレーニングは、体を変え、気持ちを変え、人生を豊かにする可能性を秘めた力を持つ、素晴らしいものです。ぜひ、その世界を体験してみてください。新しい自分に出会えるかもしれませんよ」

Text by Miki Ohnuki(Seidansha)