メディア個別 熱い男が醸した濃い日本酒!越中八尾への想いが込められた一本「八男」誕生! | editeur エディトゥール

editeur

検索
第219回 | NOMOOO powered by éditeur

熱い男が醸した濃い日本酒!越中八尾への想いが込められた一本「八男」誕生!

日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」は、富山県・玉旭酒造と共同で、富山県・越中八尾の熱い男が醸した濃い日本酒「八男(ヤツオ)」を、共同で企画・開発した。
 
同商品は「KURAND SAKE MARKET」全店(池袋・渋谷・新宿・大宮・船橋・上野)で、2017年6月9日(金)より提供されている。

「八男」について

「八男」は、蔵元が「越中八尾を多くの人に知ってもらいたい」「余韻が残る酒であるように」と心を込めて造った、濃い味わいの日本酒だ。キレの良さも特長で、餃子などの濃い味わいの料理に合わせるのがおすすめ。
 
ラベルには、越中八尾の熱い男をイメージしたオリジナルキャラクター「八男」が、越中八尾の祭「おわら風の盆」で踊っており、醸す人の「熱さ」とお酒の「濃さ」を表現しているという。
 
※毎年9月1日から3日に開催され、約25万人もの見物客が訪れる富山県を代表する祭。
 

 

商品の詳細はコチラ
※この記事はグルメ情報サイト「NOMOOO」から提供を受けて掲載しています
ピックアップ

editeur

検索