pixta_30562503_S(1)
- ゴルフ場予約からアイテム選びまで。40男のゴルフ! -

【ゴルフ】レッスンを受けずに自分で出来るゴルフ上達法

ゴルフの腕前を上達させるためには、レッスンを受けるのが1番なのは言うまでもない。とはいえ、多忙を極める40代の男性にとってレッスン時間の捻出は一苦労。自分でできるゴルフの練習はないのだろうか? ティーチングプロの梶尾さんに指南してもらった。

■今回のアドバイザー
ティーチングプロ
堀尾研仁

1971年4月16日生まれ。岐阜県出身。デビッド・レッドベター氏に師事し、ゴルフティーチングの世界に入る。1997年よりデビッドレッドベターゴルフアカデミー公認インストラクターとして多くのゴルファーを指導。2002年にKEN HORIO GOLF ACADEMYを設立。2003年よりツアープロの帯同コーチとして活動開始。2005年には谷口徹選手の帯同コーチとして、全英オープン、全米オープン、全米プロといったメジャートーナメントにも同行。2016年は塚田陽亮選手が日本ゴルフツアー選手権に優勝。過去5名のツアープロの優勝に貢献。現在は多数のプロゴルファーの指導と共に、アマチュア向けのスクール運営、各メディアへの出演、企業向けのイベントなども精力的にこなしている。

遠心力を制する者がドライバーを制する

堀尾さん「ゴルフを自己流で練習することは不可能ではありません。しかし、自己流での練習にはデメリットもあります。どんな練習が正しいのか分からない。毎回違ったことにトライをしてしまい練習内容が安定しない。上手くいかずにモチベーションが下がって練習が続かない…。これらはプロのレッスンを受けることで解消しやすいデメリットです。
あまりにも多忙な方は、自宅ではひたすらに地道な練習を繰り返すようにして、時折でもプロからの指導を受けるようにすると、効率良く上達できると思います。

今回は、そんな自宅で練習可能な地道な練習法をいくつかご紹介しましょう」

ドライバー購入時はフィッティングで弾道計測すべし

堀尾さん「地道な練習を繰り返すことで、体に基礎をしっかりと覚えさせることが大切です。以下のような練習を少しでも時間が空いた時に行うようにすれば、上達も早まると思います。

【スポンジボールを使った片手アプローチ】
まず、片手でボールを打つことは簡単なことではありません。正しい動きができなければ、トップしたりダフってしまったりといったミスが出てしまいます。

この練習では、正しくスイングできた時だけボールを思った場所に飛ばすことができます。
つまり、ナイスショットに必要な正しいインパクト動作をマスターことができるのです。

【鏡の前で素振り】
自分の体の動きを知るために、鏡を使った素振りは非常に有効です。

体はアドレス(体の構え)と、インパクト(クラブヘッドがボールにあたる瞬間)でほぼ同じ位置にあるべきです。動作のズレを知るために起点であるアドレスの体の位置にマークをつけておくことで、体の軸を確認して動きのズレを知ることができます。

【バスタオル振り】
できるだけ大きなタオルを用意して、片側を縛ります。その反対側をもってスイングします。こうすると、軽いタオルの片側に重さが集中するので、遠心力を感じながらスイングをすることができます。うまく遠心力を使ってスイングできれば、ボールを打った後の動作・フォロースルーでタオルがピンと伸びるはずです。

このほか、【パターマットで連続カップイン10回】なども、集中力を養うのにいい練習法です」

「今」を楽しむことでメンタル面での余裕が生まれる

堀尾さん「ゴルフ上達の秘訣は、『①正しい知識を得る』『②正しい練習を繰り返す』『③定期的に現在の状態を確認する』の3点です。

①は本やDVDを見るだけでもOKですが、②と③には正確な目でスイングを判断し、適正なアドバイスをくれる自分以外のサポーターが必要になります。サポーターはプロである必要はありません。会社の先輩や友達でも良いでしょう。自己流での練習を続ける場合は、自分の悩みを打ち明けて、親身になってアドバイスをくれる人を見つけてください。

ただし、アマチュアよりもプロの方が正確なスイング診断はできると思います。レッスンに行きたいけれど行く時間が無いというビジネスマンの方は、オンラインレッスンサービスなどを利用するのもひとつの手ですね。時間が無くても、上達欲と努力をすれば、誰でもゴルフは上手くなれます」

最後にアドバイザーからひと言

「自己流での練習は、いつのまにか練習法が間違っていることないように、時々だれかにチェックしてもらいましょう」

text by Takumi Arisugawa