メディア個別 SNSで話題になった日本酒「酒を売る犬 酒を造る猫」の第二弾!会員制日本酒定期購入サービス限定で販売開始! | editeur エディトゥール

editeur

検索
第196回 | NOMOOO powered by éditeur

SNSで話題になった日本酒「酒を売る犬 酒を造る猫」の第二弾!会員制日本酒定期購入サービス限定で販売開始!

会員制日本酒定期購入サービス「KURAND CLUB(クランドクラブ)」は、昨年SNSで話題となり、Webメディアでも数多く取り上げられた日本酒「酒を売る犬 酒を造る猫」シリーズの第2弾商品「酒を売る犬 酒を造る猫 純米吟醸無濾過生原酒」を、2017年5月21日(日)より会員限定で販売を開始した。

「酒を売る犬 酒を造る猫」について

▲「酒を売る犬 酒を造る猫 純米吟醸無濾過生原酒」KURAND CLUB 限定ラベルデザイン

「酒を売る犬 酒を造る猫」は、毎年味わいが進化し、ラベルには宝山酒造の次期蔵元杜氏・渡邉氏(イラストでは猫)と営業の若松氏(イラストでは犬)、2人のストーリーを描いた日本酒。
 
同商品は2016年「大切な友と呑み交わす酒」をコンセプトに誕生した。犬と猫の「出会い」のエピソードをラベルに描いた第一弾は、SNSやWebメディアで話題となった。第二弾となる今年のテーマは「修行」だという。
 
新潟酵母や新潟県産五百万石を使用したその味わいは、旨味と甘味がありながらも、少しドライでキレのある仕上がりとなっている。


 
同商品は本数に限りがあるため、会員限定での販売となる。気になる方は、下記のサイトより申し込んでみてはいかがだろうか。
 
商品の詳細・お申込みはコチラ

※この記事はグルメ情報サイト「NOMOOO」から提供を受けて掲載しています

editeur

検索