370Z繝倥Μ繝・・繧キ繧吶お繝・y繧」繧キ繝ァ繝ウ逕サ蜒・1_R(2)
- 大人のための最新自動車事情 -

370Zヘリテージ──ダットサンZに捧げる記念モデル

日本を代表するスポーツカーは枚挙に暇がない。『フェアレディZ』もそのなかの一台だろう。その源流となった車が戦後間もない1952年に誕生したダットサン『スポーツ DC-3』だ。2年間のみの生産で、台数はわずか50台だった。しかし、「ダットサン」の名前は脈々と受け継がれていく。1959年にはダットサン『スポーツ1000』が登場。そして、翌年にはダットサン『フェアレディ1200』が発売された。これが、『フェアレディZ』へとつながり、50年を超える時を紡いでいくこととなる。この長い「ダットサン」の歴史に敬意を表したモデルが『370Z ヘリテージ エディション』だ。

北米で大ヒットを記録した『240Z』から始まる「Z」の歴史に敬意を表した記念モデル

『370Z』とは『フェアレディZ』の北米名だ。ニューヨークモーターショーで発表された『370Z ヘリテージ エディション』は、日本での販売は未定。現時点では北米仕様車となる。

『フェアレディZ』と北米との関係は古く、1969年にデビューした初代『フェアレディZ』、いわゆる『240Z』まで遡る。当時、『240Z』は『DATSUN Z(ダッツン ズィー)』の名で市場を席巻。1978年までの10年間で、世界総販売台数55万台という空前の大ヒットとなった車だ。

ここから始まる『Z』の歴史に敬意を払い、「ヘリテージ(遺産)」の名を冠した『370Z ヘリテージ エディション』。ベースは、これから発売される『370Z』の2018年モデルだ。ヘッドライトとリアコンビネーションやクロームメッキドアハンドルなどのエクステリアの変更、マニュアルトランスミッション車ではハイパフォーマンスクラッチの採用が主な進化点となっている。

2017年秋に開催される東京モーターショーで新型『フェアレディZ』がデビューする!?

ボディカラーは目が覚めるようなイエローと引き締まったブラックの2色。イエローは「シケインイエロー」を採用し、ボディ各所に光沢のあるブラックのグラフィックを施した。ブラックは「マグネッティブラック」。こちらはシルバーのグラフィックが施されている。インテリアには、ステアリングやシフトノブなど、各所にイエローがアクセントとして散りばめられた。

パワートレインは、VVEL(バルブ作動角・リフト量連続可変システム)を備えた3.7L V6エンジンで、332馬力を発揮する。組み合わされるクラッチは、パーツメーカー「Exedy」のハイパフォーマンスクラッチで、シフトダウン時にエンジンの回転数を合わせるDRM(ダウンシフトレブマッチング)を備えた6速マニュアル、または7速ATの選択が可能だ。
『240Z』が北米で発売されてからまもなく50年。『370Z ヘリテージ エディション』のベースとなった2018年モデルの次には、今年の東京モーターショーでのデビューも噂される新型も控えている。これからも『フェアレディZ』は、歴史を紡ぎつつ、常に日本を代表するスポーツカーとして注目を集めていきそうだ。

Text by Tsukasa Sasabayashi