BMW 218dセレクション画像01_R(2)
- 大人のための最新自動車事情 -

充実装備のBMW 218dアクティブツアラー限定モデル

BMW『2シリーズ アクティブツアラー』は、コンパクトなボディに広い室内を持つ、使い勝手のいい一台だ。『1シリーズ』や『4シリーズ』がスポーツシューズ、『5シリーズ』『7シリーズ』がフォーマルな革靴だとすれば、『2シリーズ アクティブツアラー』はカジュアルなスニーカーといったところだろう。しかし、普段使いするクルマだからこそ、装備や仕様はワンランク上であってほしい。そんな気持ちに答えてくれるのが、2017年3月下旬にリリースされた『218d アクティブツアラー Selection(セレクション)』だ。クリーンディーゼルを搭載する『218dアクティブツアラー』の装備群を充実させ、内外装に専用カラーを纏った180台の限定モデルである。

コンパクトカー並の全長ながら広い室内を持つBMW『2シリーズ アクティブツアラー』

『2シリーズ アクティブツアラー』は、全長4350x全幅1800x全高1550㎜と、コンパクトカー並の全長でありながら広い室内と荷室を持つ、ミニバンのような使い方ができるモデルだ。BMWでは「SAT(スポーツ アクティビティ ツアラー)」と呼ばれている。

今回の限定モデル『218dアクティブ ツアラー セレクション』のベースは、2.0Lツインパワーターボディーゼルエンジンを搭載する『218d』。ここに安全性や快適性を向上させるさまざまな特別装備が施され、上級モデルの「ラグジュアリー」を凌ぐ上質な内外装を手に入れている。

ボディカラーは、アクティブツアラーの人気色「フラメンコ レッド」と、『セレクション』専用カラーとなる「アトランティック グレー」の2色。少し青みがかったグレーの「アトランティック グレー」は、カジュアルな印象のアクティブツアラーをフォーマルに演出してくれるだろう。

組み合わされるホイールは、標準より1インチ大きく、ラグジュアリーなデザインが施された専用装備の「17インチ・マルチ・スポーク・スタイリング 481 アロイ・ホイール」だ。

安全機能や快適機能を満載した限定車『218dアクティブツアラー セレクション』

インテリアは、専用カラー「オイスター」のダコタ・レザー・シートと上質な「ファインライン・ショアー・ウッド・トリム」の組み合わせにより、明るくモダンな空間が演出されている。オーディオは、「HiFiサウンド・システム」にアップグレード。180台の限定モデルであることを示すシリアル番号が入るバッジも装着される。

機能面では、狭いスペースの駐車や車庫入れをサポートしてくれるリヤ・ビュー・カメラとPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)が含まれる「アドバンスド・パーキング・サポート・パッケージ」、そして、先行車との車間を維持しながら自動で加速や減速を行い、ドライバーをサポートするACC(アクティブ・クルーズ・コントロール)などの「アドバンスド・アクティブ・セーフティ・パッケージ」を装備。

また、アンビエントライトなどがセットされる「コンフォート・パッケージ」や「オートマチック・テール・ゲート・オペレーション」、「コンフォート・アクセス」といった普段の使い勝手を高めてくれるアイテムがすべて装備されることも見逃せないポイントだろう。
価格は488万円(消費税込み)。ベースモデルより104万円アップとなるが、抜群のファミリーユース適性を持つうえ、快適装備が充実しただけに、割高感はない。この「ワンランク上のカジュアルスニーカー」は、180台の限定販売。家族を乗せるファーストカーとして使いたい人、そして『5シリーズ』『7シリーズ』のセカンドカーとして使いたい人、いずれにもおすすめの一台だ。

Text by Muneyoshi Kitani