u30b8u30e5u30fcu30b7u30fcu3059u304eu308bu30ecu30e2u30f3u30cfu30a4u30dcu30fcu30ebu3067u9154u3044u3069u308cu305fu3044u300cu98dfu5802u3068u3060u304bu300duff08u4e94u53cdu7530uff09
- NOMOOO powered by éditeur -

ジューシーすぎるレモンハイボールで酔いどれたい「食堂とだか」(五反田)

近年、五反田界隈が熱いそうです。もともと歓楽街で居酒屋も多い地域でしたが、スタートアップやベンチャー企業が集まりだして街が活性化。味のいい店には多くの若者が集まりつつあるそうです。

今回ご紹介する「食堂とだか」も、その1つです。

美味しいお酒、美味しい料理が楽しめる五反田の名店「食堂とだか」

五反田駅から徒歩2分。目黒川沿いのリバーライトビルB1Fに「食堂 とだか」はあります。通称五反田ヒルズと呼ばれるこのビルには多くの飲食店がありますが、その中でも「食堂とだか」の存在感は、濃い。あまりの人気に、「立呑み とだか」もオープンしちゃったほどですから。「食堂とだか」の席が空くまで、「立呑みとだか」で時間をつぶす人もいるくらいですから。

このお店のチャームポイントは、まず皿のルックス! そして味! これは炙りしめ鯖ですが、スライスされたイチゴが入ってるしめ鯖なんて食べたことない! ちょっとだけわさびをつけて、水菜と一緒に食べると踊れます。イチゴの甘みと酸味がしめ鯖のオイリーさを引き締めながら、旨味を前に押し出してくるのです。

季節ものの皿も多いんですよ。こちらはホタルイカのなめろう。味噌と香味野菜にホタルイカのワタと身が一緒になって、口のなかで解けるのです。歯ごたえのいいゲソと薄い身を一緒に食べるという幸福もここにあり。日々、新鮮な食材を仕入れているからこそできる一品です。

そして「食堂とだか」にハマっている人の多くがシメに頼む牛ごはんがコチラ! とろける脂の旨味と赤身の旨味が4次元的に両立した牛肉スライスと半熟卵をご飯の上にトッピングですよ。

いままでいろんなハイエンド牛丼と出会ってきましたが、「食堂とだか」の牛ごはんは彼女たちの味を忘れてしまいそうになるほどのディープ・インパクト。1品1品で頼むとちょい高めですが、600円までの飲み物が2時間半飲み放題+コース料理ならば5000円。素敵な食事を楽しみたいという願いを五反田の星はかなえてくれます。

オススメのお酒は「とだかハイボール」

そうそう、忘れていました。お酒に関しても「食堂とだか」は注目すべきお店です。一番人気にはワケがある。この、とだかハイボール(600円)には愛がある。皮をつけたままジューサーミキサーでクラッシュしたレモンをたっぷりと入れているから、酸味と苦みとちょびっとの塩っ気とお酒のわずかな甘みがバランスよく同居しているんですよ。

いままでご紹介した料理だと、日本酒か焼酎に目をつけたくなるじゃないですか。違うんです。とだかハイボールなら、「食堂とだか」の素材を生かした皿ともマッチするのです。

飲み放題つきコースでも頼める1杯ですよ!

ジューシーで苦みや酸味を生かした、大人向け生しぼりサワーが多いのも「食堂とだか」の特徴ですね。こちらはあまおう(イチゴ)生しぼりサワー(700円)です。シロップとはまったく異なる、自然の甘みと酸味が強い!

他にも梅酒、日本酒、焼酎、ワインとよりどりみどり。いずれも「食堂とだか」だけではなく、前述した「立呑みとだか」でも注文できます。「立呑みとだか」はお通しがないので、とだかのファーストインプレッションを楽しむにはピッタリかも?

ま、お通しも隅々まで作り込んでいて美味しいんですけどね! 立ち飲みしていても別途頼みたくなっちゃうんですけどね!

店名 食堂とだか
住所 東京都品川区西五反田1-9-3 リバーライトビル B1F
電話番号 03-6420-3734
定休日 日曜日
URL https://tabelog.com/tokyo/A1316/A131603/13187669/