u65b0u3057u3044u6642u4ee3u306eu89d2u6253u3061u30b9u30bfu30a4u30ebuff01u65e5u672cu9152u5c02u9580u5e97u300cKURAND SAKE MARKETu300du304cu5343u8449u521du9032u51fauff01
- NOMOOO powered by éditeur -

新しい時代の角打ちスタイル!日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET」が千葉初進出!

2015年、池袋から始まったKURAND SAKE MARKETは、時間無制限で100種類を超える日本酒が飲み比べし放題という画期的なコンセプトでオープン。日本酒好きの間で話題となり一躍人気スポットに。その後、池袋、上野、渋谷、新宿、大宮と出店し、この春、船橋に6号店をオープン。千葉県初進出となりました。オープン初日の2017年4月21日(金)は、予約のお客さんだけで満員御礼ということで好調なスタートとなったようです。

【おつまみは持ち込みOK,商店街で買っていこう】

船橋はJR総武線や京成電鉄も集まる巨大なターミナル駅。東京都からも近くベッドタウンでありながら、古くは宿場町として栄え、お酒を楽しむ街としての歴史もあるエリアです。JR船橋駅と京成船橋駅の間、そして船橋街道にかけても様々な飲食店が軒を連ねておりとても賑やか。

KURAND SAKE MARKETはお酒を飲み比べるお店で、通常の居酒屋とは異なります。そのため、料理の持ち込みが自由。店着で出前をとることだってできてしまいます。

船橋店への道のりには大手ファーストフード店から老舗の持ち帰りOKの寿司店や肉屋もあり、駅ナカ施設にも惣菜屋が多数あるので、少しおつまみを買っていくとより楽しめます。船橋は港町なので魚が新鮮です。せっかくですから、地元のおつまみがよいですよね。

【地域に根づくお酒にふれる機会】

千葉県は実はお酒の産地。36蔵が操業する隠れたお酒の産地。※平成26年度 国税庁

地元消費がほとんどで、あまり大都市向けに出荷していない比較的小規模の蔵が多いのですが、だからこそ知られざる銘酒がまだまだ眠っています。大量生産をしていない蔵ならではとして、水、米、蔵元、さらには消費する人たちの文化や歴史までを地元で完結しているのも魅力です。KURAND SAKE MARKET船橋店は、そんな千葉県のお酒を約12種類揃え、県下の日本酒にスポットライトを当てています。お酒が好きで様々な銘柄を飲んできた人にも、ここにくればきっと新たな発見があります。

【楽しみ方】

時間無制限(営業時間17:00~23:00)で3,000円(税込)。初めての方で店の様子を覗いてみたい方や、軽く一杯という方向けに、日本酒単品100mlで500円(税込)やビールも一杯単位で購入可能。
店長のおすすめ、飲み比べセット(60ml 3杯)1,000円(税込)もあるので、決して飲み放題でたっぷり飲みたいときだけの店ということもありません。

立ち飲みと思われがちですが、ハイチェアが並び座ってお酒が楽しめます。また、お箸や取り皿、調味料も用意されていますので、買ってきたおつまみに万が一お箸がないなんてときも安心です。

塗り升、グラス、利き猪口などお酒を楽しむ”酒器”も種類があるので、飲むお酒や温度に合わせて使い分けることをおすすめします。酒燗器と温度計、チロリのお燗セットの用意もあり、自分でお燗する楽しさもあります。なお、お酒は冷蔵庫前でお酒を注ぎ、ボトルごとテーブルに持ち込むことはできません。

【種類がありすぎてわからないときは】

日本酒ファンには当たり前ですが、日本酒はいきものなので温度が高い場所においておくと劣化します。KURAND SAKE MARKETは母体が酒販店なのでお酒の扱いは間違いありません。冷蔵庫で管理されたお酒がずらりと並びます。

一升瓶の首には蔵元さんの写真と味の傾向が紹介されたカードがさがっていて、ラベルとあわせて自分の好みを探すヒントに使いたい。きっかけになるお酒は、スタッフのおすすめを聞くもよし、過去に訪れたことがある思い出の土地から選ぶもよし。最初の一杯をきっかけにして、「もう少し淡麗に」「もうすこし芳醇に」と変えていくとより楽しめます。日本酒100種類、焼酎も100種類あり、すべて飲んでいくには難しく、数ある中から探り出すというほうがワクワクするはずです。

また、ビール(サントリー・ザ・モルツ)や甲類焼酎の酎ハイ、果実酒も揃っているので、日本酒一本ではなく、途中で少し別のお酒で休憩というのもよいでしょう。もちろん、飲み過ぎ注意でお酒の合間に和らぎ水を忘れずに。

【蔵元さんと話せる機会も】

日本酒の蔵元さんがお店にやってくることも。蔵元飲み比べの会などのイベントが各店で開催されていますので、船橋店でも千葉県の蔵元さんと日本酒談義ができるかもしれません。

【明るく清潔、新しい時代の角打ちのスタイル】

KURAND SAKE MARKETは、居酒屋でもなく、従来からの角打ち(酒屋の隅で飲む)とも違います。定額制で飲み比べられる新時代の角打ちと言えるのではないでしょうか。
明るく清潔感があり、お店の方もフレンドリーで接しやすい。これから日本酒を楽しみたいという方の入門にも最適です。女性だけのグループも安心して使えるおしゃれなお酒のテーマパークです。