pixta_26997334_S
- 40代のアク抜きダイエットテク -

アンチエイジングにも効果!? 黒い食材「ブラックフード」の魅力

近年海外で注目されている、黒豆や海苔などの『ブラックフード』。黒い色をした食材には、アンチエイジングやダイエットの効果が期待できる成分が含まれているという。その効果や摂取時の注意点について、管理栄養士に聞いた。

■今回のアドバイザー
管理栄養士
川村郁子さん

自信が太っていたことがきっかけで食に興味を持ち管理栄養士に。病院栄養士を経験後、独立。現在は栄養専門学校やラジオパーソナリティ、セミナーなど「楽しむ食」をモットーに“食育子さん”として活動している。

黒い色素成分である「アントシアニン」がアンチエイジングに効果的!?

川村さん「ブラックフードとは、黒い色素成分である『アントシアニン』が含まれている食材のこと。アントシアニンは “フィトケミカル”と言われる第7の栄養素のひとつで、シミ・シワなどの原因である活性酸素を減らす働きがあり、アンチエイジングに効果的と言われています。また、脂質の代謝を高める効果が期待できるため、ダイエットに役立つ栄養素でもあります。

ブラックシードや黒キヌアなどの海外食材がブラックフードとして有名ですが、実際は黒豆、黒米、黒ゴマ、黒酢など、日本で昔から親しまれている食材が多いのも特徴的。欧米のスーパーマーケットでは、これらの食材を集めた“ブラックフードコーナー”が設置されるほど人気を集めています」

料理をしなくても手軽に摂取できる点が「ブラックフード」のメリット

川村さん「ブラックフードとしてまずにオススメしたいのが黒米です。白米を黒米に置き換えるだけで食物繊維やカルシウム、ビタミンB群などの栄養素がたっぷり摂取できますし、“もちっとした食感”が咀嚼回数を増やしてくれるため、満腹中枢を満たしてダイエット効果も高まります。

普段食べる機会は少ないですが、黒豆も優秀なブラックフードのひとつ。食物繊維やカリウムやカルシウムなどが豊富に含まれていますし、大豆に含まれている優秀な栄養素『イソフラボン』も同時に摂取できます。黒豆コーヒーなどの飲み物もあるので、普段からコーヒーを飲む方は試してみてください。

手間暇をかけないで済むブラックフードとしては、黒ゴマが有能です。ゴマには抗酸化作用やコレストロール低下作用が期待できる特有の成分『ゴマリグナン』が含まれているのも嬉しいところでしょう。基本的にお好みの料理にかけて食べるだけなので、外食の多い方は普段から持ち歩くのも良いかもしれませんね」

黒い食材がすべて「ブラックフード」というわけではない点に注意

川村さん「全ての黒い食材にアントシアニンが含まれているというわけではありません。特に『焦げ』に関しては全くの別ものなので注意してください。

また、ブラックフードは優秀な食材ですが、基礎代謝が低下している40代男性は偏りすぎないように食事をすることも大切です。肉やトマトなどの赤色、キャベツやブロッコリーなどの緑色、たまごやかぼちゃなどの黄色などのカラフルな食材も取り入れ、バランスの良い食生活を送るようにしましょう」

最後にアドバイザーからひと言

「ラットでの検証ですが、アントシアニンには『糖尿病の予防効果があった』という研究結果もあり、期待を集めています」

Text by Katsuya Hokonoki(Seidansha)