pixta_27845317_S (2) copy
- 40代のアク抜きダイエットテク -

老化が原因!? 気になる費用は? 男性向け「毛穴ケア施術」で若肌を保つ

いつの間にか鼻や頬に目立つようになった“毛穴”。老化によって開いた毛穴が、汚れて黒ずむことでより目立ってしまうのだが、自宅で完璧にケアすることは難しい。そこで、美容皮膚科の毛穴ケア施術について聞いた。

■今回のアドバイザー
五本木クリニック院長
桑満おさむさん

「地元密着型」というコンセプトで1997年目黒区に、五本木クリニックを開院。泌尿器科を専門とする一方で、患者さん一人一人のお肌のホームドクターとなるべく、美容皮膚科・美容外科も併設。また、巷の美容法や健康法に対して、素朴な疑問から医学的な観点まで様々な視点でバッサリ斬る「院長ブログ」も人気。

老化によって起こる避けられない毛穴のたるみ。皮脂の過剰分泌など男性ならではの原因も

桑満さん「毛穴が開いてしまう原因のひとつは、老化による“たるみ”です。キメの細かい毛穴は丸い形をしているのですが、年齢を重ねると皮膚が垂れ下がり、毛穴が楕円形になります。このたるみによって毛穴の面積が広がり、毛穴が目立ってしまうのです。また、男性に多い皮脂の分泌過剰も、毛穴に皮脂が溜まって穴を広げます。鼻の頭など、皮脂の分泌が多い部分に見られる症状ですね。そして、広がった毛穴に詰まった角栓が汚れて黒ずみやにきびなどの肌トラブルを引き起こすわけです。

また、加齢によって肌のみずみずしさが失われると、毛穴の縁も乾燥してしまい、汚れが付着しやすくなります。また、適度な運動をして汗をかくことは肌の代謝アップには有効ですが、その後しっかり洗顔をして、脂や汚れを落とさなければ毛穴に汚れが溜まってしまいます。とくに、男性はスキンケアを怠りがちなので、毛穴が広がる可能性は高いといえるでしょう」

専門器具を使い、自宅ではできないレベルの毛穴ケアができる点が大きなメリット

桑満さん「美容皮膚科で毛穴の治療を受けるメリットは、やはり自宅では難しいレベルのケアができる点でしょう。たとえば、毛穴の汚れを落とすために洗顔料でゴシゴシと顔を洗ってしまうと、肌を傷つけてしまいます。そのほかにも、ホームケアとして毛穴専用のパックをすると、毛穴にパックの成分が入り込んで、余計に毛穴を広げてしまい逆効果になることも。その点、美容皮膚科での施術を受ければ、安全に毛穴の余分な角質を取り除くことができるのです。

毛穴ケアの施術は、古い角質や皮脂汚れを特殊な薬剤などを使い除去する『ケミカルピーリング』や、微弱な電流を使い美容成分を肌に浸透させる『イオン導入』が一般的ですが、特に男性にオススメしたいのが『カーボンピーリング』です。カーボンクリーム(黒炭)を毛穴の奥まで塗り込み拭きとった部分に、黒いものに反応するレーザーを照射します。すると、毛穴の中に詰まったカーボンに熱が加わり破裂します。破裂のダメージによって穴の内側が新生されて、毛穴が縮小して目立たなくなるという、ヒトの創傷治癒を利用した治療です。毛穴が小さくなるのはもちろん、肌の引き締めにも効果的なので、たるみ改善も期待できます」

毛穴ケアは1回1万円弱が相場。施術後の紫外線対策も忘れずに

桑満さん「費用は病院にもよりますが、1万円弱が相場です。通院頻度としては2週間に1度の施術を6回続けると、毛穴の縮小が実感できます。その後は、1カ月に1回、2カ月に1回など毛穴が開いてきたと感じたタイミングで施術を受けると、毛穴をキレイに保つことができるでしょう。そして、カーボンピーリングの施術をはじめてからは、日焼け止めを塗るように心がけてください。紫外線はシミだけでなく毛穴やたるみにも影響します」

最後にアドバイザーからひと言

「ビジネスシーンで人と会う機会が多い40代の男性にも、毛穴の黒ずみが気になるという方が増えています。肌がボロボロだと、仕事仲間はもちろん、取引先にも疲れているという印象を与えてしまうので、男女関係なく肌の美しさはとても大切な要素です」

Text by Miki Ohnuki(Seidansha)