ロードスターRF画像01 (1)
- 大人のための最新自動車事情 -

40~50代に大人気、『ロードスターRF』が売れる理由

国産車の“ヴィンテージイヤー”と呼ばれる1989年に初代モデルが登場し、世界中で大ヒットを記録したマツダ『ロードスター』。4代目となる現行モデルも、WCOTY(ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー)とWCDOTY(ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー)をダブル授賞するなど、世界で高い評価を受けている。なかでも、40〜50代のカーガイに高い人気を誇り、いま売れに売れているのが『ロードスターRF』だ。リトラクタブルハードトップを採用した画期的なモデルである。

40〜50代男性の熱い支持! 発売1カ月で月間販売目標の10倍が売れた『ロードスターRF』

同じ日本を代表するスポーツカーでも、『ロードスター』は『GT-R』や『NSX』とひと味異なるモデルだ。たしかに、絶対的なスピードでは『GT-R』『NSX』に及ばない。しかし、「ライトウェイトの2シーターFRオープン」という極めて濃いファン要素がクルマ好きの熱い支持を集め、これまでに世界で100万台以上を販売してきた。

『ロードスターRF』は2016年12月に登場した比較的新しいモデル。ソフトトップの幌を備えた『ロードスター』と異なり、オープンにするとトップの部分だけが電動でトランクに格納され、ピラー部分が残る「タルガトップ」を持つ。なにより、スポーツクーペのような美しいファストバックスタイルが印象的だ。

この『ロードスターRF』が現在、大ヒットを記録している。メーカーによる当初の月間販売目標は250台だったにもかかわらず、2016年末に発売されると、約1カ月で累計受注2385台を達成。月間販売目標の10倍も売れているのだ。2017年3月には、アメリカの自動車メディア協会から「Best Bang for the Buck」賞に選ばれた。「Best Bang for the Buck」とは「出費に見合う価値がある」という意味。つまり、ソフトトップモデルよりも70万円以上高い324万円という価格ながら、『ロードスターRF』はアメリカのメディアに最高のコストパフォーマンスを備えたクルマと認められたわけである。

そして、この人気を支えているのが、40〜50代の大人の男たちだ。「『ロードスターRF』は、特に40~50代の方、しかも高級車を所有している方のセカンドカーとしてや、輸入車の購入を検討してきた方など、こだわりを持ってクルマを選んでこられた、目の肥えた方々にお選びいただいております」そう話すのは、関東マツダ高田馬場店の店長、坂本員規さんである。

『ロードスターRF』が人気を集める理由は「スタイリング」「高い実用性」「快適性」

坂本さんによれば、『ロードスターRF』が目の肥えた40〜50代の心を掴んだ理由のひとつは、リトラクタブルハードトップがもたらした美しいスタイリングにあるという。

「『ロードスターRF』は、もともと完成度の高い『ロードスター』のデザインに、初めから備えていたかのような違和感のないハードトップが組み合わされたことにより、さらに美しいボディラインを獲得しています。スポーツクーペのようなスタイリングを持ちながら、オープンの爽快感を同時に堪能できることが人気の要因のひとつでしょう」

フロントウインドウの立ち上がりからリアエンドに向けて一気に傾斜するルーフラインは美しく、高級感さえ漂う。このデザインに加えて、『ロードスターRF』は高い実用性も備えている。

「電動格納式のルーフには、風切り音の低減による静粛性、悪天候下における安心感、高い安全性や防犯性などのメリットがあります。また、127Lのトランクスペースは、オープン、クローズ状態に左右されずにフル収納できるので、日常の買い物などで使い勝手がいい点もポイント。この快適性と実用性も『ロードスターRF』が支持を集める理由です」

もうひとつ、見逃せないのがエンジンだろう。ソフトトップ仕様は1.5L 4気筒エンジンだが、『ロードスターRF』が搭載するのは最高出力116kW(158ps)/6000rpm、最大トルク200Nm(20.4kgm)/4600rpmを発生する2.0L 4気筒エンジン。

「向上したパワーやトルクに目が行きがちですが、最大の魅力は2.0Lエンジンがもたらす余裕のクルージング性能です。休日に奥様を連れて長距離のドライブに出かけるなど、そんな理想的な大人の休日を過ごせると思います」

1989年登場の初代モデルに憧れた40〜50代が『ロードスターRF』を指名買いしている

先ほど、『ロードスターRF』が「もっとも出費に見合う価値があるクルマ」に選ばれたと紹介したが、じつは『ロードスターRF』の購入者はコストパフォーマンスを考えてこのクルマを選んでいるわけではないという。

「『ロードスターRF』のオーナーには、ほかのメーカーのクルマと比べて購入を決めたという方はいらっしゃいません。私が知る限り、ほとんどの方が『指名買い』をなさっています」

そこには、ヴィンテージイヤーとなった1989年から『ロードスター』が築き上げてきたブランドの歴史がある。初代モデルがセンセーショナルなデビューを果たしたとき、現在の40〜50代は10〜20代の若者。当時、この世代にとって、発売されたばかりの『ロードスター』を手に入れるのはまだ現実的ではなかった。

「『RF』を含め、『ロードスター』を購入される40〜50代には、初代モデルに抱いた憧れをずっと持ち続けてくれている方がたくさんいらっしゃいます。こうした『ロードスター』のファンにとって、ライバル車との比較やパワー競争は関係ないのです」

国産車としてライトウェイト2シーターオープンという道を切り拓いた『ロードスター』が、その四半世紀以上に及ぶ歴史のなかで生み出した『ロードスターRF』という新たな価値。かつてこのスポーツカーに憧れた世代にとって、そのオンリーワンの魅力は数千万円の価格がつくスーパーカーと並んでも色褪せることはないのである。

Text&Photo by Tetsuya Abe