beauty, hygiene and people concept - smiling young man looking to mirror at home bathroom
- 40代のアク抜きダイエットテク -

男性こそ! 顔の歪みやむくみ解消につながる「小顔矯正」のススメ

女性の間では定番エステメニューの「小顔矯正」だが、最近では施術を受ける男性も増えている。顔の歪みやむくみを解消することで、審美的な美しさや若返った印象が手に入るという「小顔矯正」施術の詳細を、小顔セラピストの村田まりえさんに聞いた。

■今回のアドバイザー
小顔矯正サロン「TEEN AGE」オーナー
村田まりえさん

表参道で小顔矯正・骨盤矯正をメインに施術するリラクゼーションサロン「TEEN AGE」オーナー。徹底したリンパマッサージや丁寧なカウンセリングを行ない、なによりも結果を重視する同店には、芸能人も数多く来店する。

ほうれい線、シワ、くすみ、たるみを改善! 顔の印象を変える「小顔矯正」

村田さん 「小顔矯正とは、マッサージで顔に圧を加え、骨格の歪んだ部分を正しい位置に戻すことにより、フェイスラインや顔全体の引き締め、ほうれい線の改善、リフトアップに効果が期待できる施術のこと。顔の歪みやバランスを整えることで、顔がきゅっと引き締まり、全身を見たときのスタイルアップにも繋がります。更には顔と密接に繋がっている頭、首のコリもマッサージでほぐしてあげるので、肩こりや頭痛といった健康面の悩みや痛みの改善まで期待することができます。

骨格は生活習慣やその人の歩き方、立ちかたなど、日常生活のなかで歪みやすく、その歪みが見た目にも表れてしまいます。見た目を変えたい場合は、この骨格の歪みを整えることが、とても効果的となるわけです。顔のちょっとした歪み、バランスを直すだけで、顔の印象はだいぶ変わります。本当に美しいプロポーションは、正しい骨格によって作られるのです。

普段、顔のマッサージをすることは少ないと思いますが、そのぶん、顔の筋肉はほぐされず、カチコチに硬くなっています。そこに矯正として圧を加えることで、リンパの流れが改善され、老廃物やむくみが排出されやすくなります。また肩凝りと一緒で、マッサージで顔のコリに直接アプローチをかけることで、顔の筋肉の張りがとれ、すっきりしたフェイスラインを取り戻せるようになります。コリやむくみがひどい場合など、その時の顔の状態によって、矯正時の痛みには個人差があります。最初が一番痛く感じるのは、こりや老廃物が顔にたまっているため。小顔矯正は継続することで痛みも軽減し、効果を実感しやすくなります」

そもそも、どうして顔が歪んでしまうのか。顔の歪み、むくみの原因とは?

村田さん「私たちは日々の生活の中で、どうしても歪みやすい姿勢をとりがちです。例えば、食べ物を口の片側だけで食べている、頬杖をつく、荷物をいつも決まったほうの手で持つ、いつも右側を向いて寝ている、など長年の生活習慣が、知らず知らずのうちに歪みを引き起こしています。間違った姿勢やクセは、身体全体の歪み、そして顔の歪みにも繋がります。骨格が歪んでいると、骨のわきを通っている血液やリンパ管が圧迫されて、リンパの流れが悪くなります。リンパは体内の水分を調節したり、老廃物を体外に排出したりする役割を果たしていて、下へ下へと溜まろうとする性質があります。流れるリンパが滞ってしまうと、顔の中に余分な水分や老廃物が溜まった状態になり、むくみ、ほうれい線などを引き起こし、たちまち老け顔になってしまうわけです。肌のかさつき、しみやくすみ。これらのトラブルもリンパが滞り、肌の新陳代謝が悪くなることも関係しているといわれています。

しかも歳を重ねると顔の骨格を支えている筋肉は、加速度的に緩んできます。骨格の歪みと緩んだ筋肉によって、目の下や顔のたるみにも影響を与えます。歪んでむくんだ顔面は、左右の目の大きさが異なってしまうことがあるほか、眉や頬骨の位置のズレ、出っ張り、エラ、シワなども出やすくなり、審美的にも印象がよくありません。昔より老けて見えたり、顔全体の印象がくすんだりして見える、そう感じていたら顔の歪みが原因かもしれません」

小顔矯正の施術直後は顔がむくんだり、赤みがでたりする場合もある点に注意

村田さん「矯正で圧を強くいれると、それだけ老廃物が多く排出されるので、人によって一時的に、顔がむくんだような印象を持つ場合もあります。中には、ほてったように顔が赤くなる方もいます。いつまでに小顔になりたい! 改善したい! という目標の日程がある方は、目標日の最低3日前に来店されることをオススメします。その間に老廃物が体の外へ排出され、当日はスッキリとしたお顔の状態で迎えられますよ」

最後にアドバイザーからひと言

「男性はむくみにくいぶん、小顔矯正の効果が持続しやすいので、1回でも変化を感じていただけると思いますよ」

Text by Akeno Kataoka(Seidansha)