LICORNE01
- もう恥ずかしくない!40男の人気・オトナ文房具 -

越前打刃物の伝統を活かしたレターオープナー「LICORNE」のコラボモデル

坂本ラヂヲが展開するGRAMAS Cultivateから、老舗包丁メーカー・RYUSEN JAPAN製レターオープナー「LICORNE(リコルネ)」のコラボレーションモデルが発売された。安全性と切れ味の鋭さを両立した形状で、ブレードの美しい模様なども魅力的なアイテムだ。

スタンドタイプでデスクにさりげなく置いておけるレターオープナー

書斎やプライベートな空間で活用できるアイテムを提案する坂本ラヂヲのGRAMAS Cultivate。機能性の先にある整合美を追求するこのブランドから登場したのが、福井県越前市にある老舗包丁メーカーRYUSEN JAPANが製作したレターオープナーのコラボレーションモデルだ。
もともと、坂本ラヂヲとRYUSEN JAPANの両社が共通のデザイナーを起用していたことがきっかけで代表同士が出会い、お互いのモノづくりへの思いに共感。今回のコラボレーションが実現したという。

フランス語で「一角獣(ユニコーン)」を意味する商品名「LICORNE」は、そのシルエットにインスピレーションを得たもの。オフィスなどのデスクに立てておけるスタンドタイプの新しいレターオープナーで、オリジナル製品は2015年にグッドデザイン賞も受賞している。

伝統の鍛造技術による美しい模様のブレードは切れ味も抜群

「よく切れるレターオープナーを」というユーザーの声に応えて開発されたというこのアイテム。その魅力はまず、越前打刃物の伝統を活かしたRYUSEN JAPANの鍛造技術が注ぎ込まれたダマスカス鋼のブレードにある。
独自の技術によって、70層に重ねたダマスカス鋼を鍛え、磨き上げており、表面にはRYUSEN JAPAN製の刃物の特色でもある模様「龍泉輪」が浮かび上がっている。この美しい模様は、表面にミクロン単位の凹凸をつけて切れ味を高めた結果として生まれたものでもある。
また、「切れ味は安全性と相矛盾する」という難題をクリアした形状も特徴だ。一般的なレターオープナーは安全性のために切れ味をマイルドにしているが、「LICORNE」は指を刃に触れることなく開封できる形状にすることで、安全性と切れ味の鋭さを両立させている。
ボディのコンパチブルネジの頭頂面は、日本刀のつばのシルエットからインスピレーションを得てデザインされたそう。このネジは、一旦締めると緩みがでない特殊なもの。耐久性が高く、握った際に邪魔にならないよう埋め込みタイプになっている。
今回のコラボレーションモデルでは、オリジナルモデルからボディ部分の形状をアレンジするとともに、素材も変更。オリジナルのボディがアルミを使いカラフルでPOPなイメージなのに対して、チタンを採用し、重厚で高級感ある雰囲気に仕上げている。

購入後も坂本ラヂヲでブレードの研ぎ直しメンテナンスを受け付けており、ボディ部分に大きなダメージを受けた場合は、有料でボディの交換も承っている。包丁と同様にメンテナンスをしながら、長年にわたって使えるのもうれしいところだ。新年度に合わせて、便利で洗練された新顔をデスクに仲間入りさせてみてはいかがだろうか。

Text by Fumio Miyata