メディア個別 さまざまなシーンで“使える”久留米絣の現代風「もんぺ」 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第60回 | 40男が嗜む逸品

さまざまなシーンで“使える”久留米絣の現代風「もんぺ」

「もんぺ」と聞くと昭和な印象があるが、最近はファッションにも取り入れられるなど、その良さが見直されている。福岡県八女市にある「うなぎの寝床」の久留米絣もんぺは、これまでのもんぺのイメージとは一線を画す現代風のもの。多彩な柄とカラーの久留米絣を使って細身のシルエットに仕上げており、日常着としても楽しめる。

Text by Fumio Miyata

商品情報
商品名:うなぎの寝床 久留米絣もんぺ
▽MONPE Muji(無地)
カラー:ブラック、グレー、ネイビーブルー、ブルー、ベージュ、レッド、グリーン
厚さ:ベーシック/厚手(ブラック、グレー、ネイビーブルー、ブルー、ベージュ)、ベーシックのみ(レッド、グリーン)
サイズ:S、M、L
価格:10,800円(税込)

▽MONPE Gap Stripe(ずらしストライプ)
カラー:ブラック、グレー、ブルー、ベージュ
厚さ:ベーシック/厚手
サイズ:S、M、L
価格:12,960円(税込)

▽MONPE Cross Pattern(十字模様)
カラー:ブラック、グレー
厚さ:ベーシック
サイズ:S、M、L
価格:11,880円(税込)

editeur

検索