メディア個別 20代女子がナンパ待ちするスポットは? | editeur エディトゥール

editeur

検索
第2回 | 【モテ技】美女が思わずOKしちゃうナンパテク

20代女子がナンパ待ちするスポットは?

出会いは欲しいけれど、“今さらナンパなんて年じゃないし…”と思っていないだろうか。その考えはもったいない。40代の男性にナンパされたいと思っている20代女子は意外に多いのだ。

今回は、ナンパ待ちする20代女子が、どこにいるのかをご紹介しよう。

■今回のアドバイザー
 カフェスタッフ Uさん 26歳

年上男子にしか興味がないというUさんは、甘え上手で色白。モテ女子代表のような彼女が最近ハマているのは、自宅でコーヒーアートを研究することだという。

Uさん「高校生の時は37歳の男性と付き合ってたし、今の彼氏は43歳なんです。彼氏は、私が働いているカフェの常連さんで、きっかけはナンパです。最近はあまり行かなくなったけど“男性と話したい”と思った時は決まって銀座に行っていました」

立ち飲みやバルへ行き男性を待つ

Uさん「お酒が飲みたいというわけじゃないですけど、よく銀座の立ち飲み屋に行きます。カウンターにいる店員さんにお酒をオーダーしてお金を払うタイプのところです。女友だちとふたりで行くと必ず男性から声をかけられるから、いろんな人と知り合いになれて楽しいんですよ」

自分から出会いを求めてナンパされに行く女子がいたとは驚きだ。

少人数で来ている女子はナンパ待ち組!?

Uさん「タイプの人がいたら私のほうから声をかけることもあって、何度かふたりきりで食事に行くこともありました。

あと、新橋の高架下の居酒屋とかでもサラリーマンの方と話します。隣の席が近いし、アットホームな雰囲気があるので銀座とは違う楽しみがありますね。少人数の女子で来ている人は、話しかけられるのを待ってるんじゃないかなぁ。

銀座は、大人の方が多いので“ナンパ”っていう感覚はなくて恥ずかしくないです。しかも、最近は出会いの場を目的としている立ち飲みが多いから気軽に行けるんだと思います。ちなみに私は、会社帰りにフラ~っと立ち寄った40代男子がターゲット! スーツ姿にドキッとしちゃいますね」

40代男性のナンパは“一杯のお酒”が名刺代わり

Uさん「一緒に行く友だちと意見が一致しているのは、やっぱり声をかけてくるなら一杯くらいはおごってもらいたいよねってこと(笑)。“一杯なら…”と思っちゃうのは事実だし、それで話してみて楽しかったらラッキーでしょ? 名刺よりもまずは一杯のお酒があれば気軽にスタートできるのがナンパだと思います。

あとは、どんなことを話すのかも重要ですね。全く知らない人だから、まじめな話ばっかりだとちょっと疲れちゃうんです。“ナンパ=気軽=楽しい”が絶対に条件になってくると思うので、テレビや趣味の話をしてみたらどうかな?」

最後にアドバイザーからひと言

「立ち飲み居酒屋にいる少人数女子には一杯のお酒を!」

Text by Yoko Takahashi

editeur

検索