40オヤジの“アナログ感”がグッとくる!?
- 【モテ技】古い?ウザい?失敗しないLINEテク -

40オヤジの“アナログ感”がグッとくる!?

知り合ってから次に会うまでの間は、LINEよりもメールを使ってやり取りした方が印象がよい。20代女子は、40代男性に対して“アナログ感”を求めているのだ。この“アナログ感”とは、たとえば、メールの文面や頻度。

実際に40代男性と連絡を取り合っていたモテ美女から、好感度の高い“アナログ感”について教えてもらった。

■今回のアドバイザー
 航空会社勤務 Nさん 28歳

ゆったりとしたしゃべり方で所作の美しいNさん。仕事上、女性らしさを求められることも多いが、実際は忙しいスケジュールでバリバリと仕事をこなしている。Nさんのように、仕事を頑張る20代女性と連絡を取るには、何に気をつければよいのだろうか。

ロングメールは返したくなくなる

Nさん「国際線での勤務だと、フライト時間はもちろん、時差もあるので、連絡をもらってもすぐには返せません。そんなとき、もらってうれしいのは、さわやかなメールです。あまりにも長文のロングメールは、返す気持ちがわかなくなりますね。

たとえば、『仕事お疲れさま、お互い大変だね』という感じで、私のことも社会人として対等に扱い、気づかってくださるメールはすごくうれしいです。短いメールだと読むのも負担がないので、返信しようと思うんです。疑問系で色々と質問攻めにされるメールは、こちらも疲れてしまうので避けた方が無難ですね」

“会いたい”とメールに書くのは前のめりすぎ

Nさん「逆にイヤだな、と思うのは“甘さを出したメール”。“早く会いたいよ”とストレートに書くのは、少し前のめりなのでヤメてほしいです(笑)。私の友人でも、40代の男性とやり取りをしている子がいて。その子は、『毎日メールが来るのはイヤ。でも3日に1回だと少し寂しい。2日に1回くらいだと相手からの返事を待っちゃうかも』と言っています」

メール人格を操作して会ったときに好印象へ

Nさん「これは、食事に行ってからのことですが、気をつけてほしいことがあります。“メール人格”と会ったときの人格は、いいギャップを作るといいですよ。先の友人も『40代の男性はアナログな方がいい。メールとかで色々言ってこないで会ったときに話して!』と言ってます(笑)。私も同感です。

お会いしたときに、ゆっくりしゃべっていて“聞き手”でいるのに、メールは超ロングメールだとガッカリしてしまいます。逆にメールではそっけないくらい短いのに、食事に行くとよくしゃべる…という方も。メール人格はできるだけアナログ感のある慣れてない感じというか、アッサリ目が好感を持てます」

最後にアドバイザーからひと言

「40代男性は短いメールでアナログ感を大切に」

Text by Unyomura