メディア個別 40代男性のファッションテクを現役CAが徹底解説 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第2回 | 【モテ技】女性がされたい40男のアプローチ法

40代男性のファッションテクを現役CAが徹底解説

経済力のない40代男性は、恋愛市場で20代よりリードしにくい。しかし、「いかにも金持ってます」というような全身ブランドものづくめの身なりは、品がなさすぎる。金にモノをいわせてダサさをカバーしようという安易な考えは、女性に底の浅さを見抜かれてしまうからだ。

40代男性にふさわしいモテる服装とはなんなのか? そのさじ加減についてモテ美女に聞いてみた。

■今回のアドバイザー
 航空会社勤務 Nさん 28歳

上品な言葉づかいと洗練された美しさを兼ね備えたNさん。さすがエグゼクティブを相手に接客をするCAだ。

40代のファッションは「一緒に街を歩けるか」

Nさん「食事に誘われて女性が気にするのは、その男性への興味とか生理的にOKかだと思います。その次に瞬発的に考えるのは“一緒に歩いて恥ずかしいと思うか”なんです」

いつかは手をつないで歩いたりしたいもの。歩くことさえ恥ずかしいと思われては、何も進展しない。女子ウケするファッションとは一体…?

40代男性のブランド物は紙一重

Nさん「ネクタイはエルメス、ベルトはグッチ、バッグはヴィトン…という“THE・金持ち”スタイルは絶対NGですね。あと、流行に乗ってサルエルパンツをはくとか、ひざ丈より短い短パンとかもイヤです。

好感度がアップするのは、バーニーズニューヨークやトゥモローランド、アバクロなどを上手く取り入れたファッションの方。着ていて“どこのブランドかわからない”点では、インポートブランドがオススメですね。私の友人は、『ナイキの限定スニーカーにジーンズ』とか、1点にセンスの垣間見えるこだわりがあるといいと言っていました」

鍛え過ぎは40代男性の落とし穴?

Nさん「40代男性はカラダを鍛えていらっしゃいますよね。スーツがすごく似合うのでステキです。でも、私は鍛えすぎない方がいいと思っています。“筋肉がある=ナルシスト”ってイメージがあるので(笑)。鍛えすぎのラインは、“胸ができるほど胸筋がある”ことかな」

オシャレして会いたくなる40代のファッション

Nさん「ただ、鍛えている男性は、歩き方も美しいですね。私も一緒に歩いていると背筋が伸びるんです。気持ちが引き締まるし、いい緊張感があって。

40代男性とデートに行くときは、しっかりオシャレをしていました。その男性に合わせたいな、と自然に思うので背筋も伸びるし、背伸びしてキレイになろうと努力しちゃうんです。

女性は、自分のランクを引き上げてくれる男性と一緒に歩きたいんですよね」

40代ファッションは品格とワンセット

Nさん「私と同世代の男性は、いい服を着ていても自分の品格を下げる行動を取っているから、全然ダメ。服に着られているんですよね。例えば、電車では必ず座るとか(笑)。座ると服にしわができるじゃないですか。

私がデートした40代男性は、電車に乗っても絶対に座りませんでした。歩くときも私のペースに合わせてくださったし、立ち居振る舞いがとにかく紳士。服に気づかうだけでなく周囲にも気づかえる40代が本当のオシャレさんですよね」

最後にアドバイザーからひと言

「40代男性は電車に乗ったら座らない、が鉄則」

Text by Unyomura

editeur

検索