40男はすぐに口説かず、なつかれろ
- 【モテ技】女性がされたい40男のアプローチ法 -

40男はすぐに口説かず、なつかれろ

“ガンガン積極的にいくのがモテオヤジの使命”そんな思い込みは、捨てた方がいいだろう。多くの女性は、男性に対し少なからず警戒心を抱いている。ましてや20〜30代の女性たちにとって、40代男性は同年代の男性以上に得体の知れない存在なのだ。

出会いのシーンでは、熱心に口説くよりももっと効果的な方法がある。しかも、それは40代男性だからこそできる演出だという。年上キラーの20代美女が指南してくれた。

■今回のアドバイザー
 航空会社勤務 28歳 Nさん

取材中、サラサラの黒いロングヘアーを耳にかけ、潤んだ瞳でじっとこちらを見つめる姿が印象的なNさん。檀蜜をもっとエレガントにしたような女性だ。

ビジネスクラスのおじさまに名刺をもらうことも

Nさん「CA(キャビンアテンダント)という職業柄、40代や50代の男性と接する機会は多いです。ビジネスクラスのお客様を接客していることもあって、エグゼクティブのおじさまに名刺をいただくこともあります。

機内でナンパされても、私はさりげなくかわします。でも、つい連絡先を教えてしまった方がいたんです…」

長時間フライトでもずっと仕事している姿に…

Nさん「初めは『お飲物いかがですか?』『いいえ、結構ですよ』という普通の会話をしていたんです。12時間の長いフライトで、その方は寝ずにずっとお仕事をなさっていたので、『お仕事ははかどりましたか?』などと私が話かけたりしていました。

もちろん私は特別な感情なんてありませんし、その方からも感じませんでした。だから、帰り際に連絡先を聞かれてすごく驚きました。でも、なんとなく教えてもいいかな? って気持ちになったんです」

いやらしさを感じない丁寧な対応が好印象

Nさん「長いフライトの間でコミュニケーションを取っていたせいか、私も少し心を開いていたんでしょうね。なによりも、その方は“いやらしさがまったくなかった”んです。飛行機のなかでは、ずっと敬語で丁寧に私と接してくださっていましたし、むしろ関心がないくらいアッサリしていました。いい意味で“CAとお客様”の関係を崩さなかったんです。そこに好感を持ちました」

CAと客。よくある出会いのシチュエーションだからこそ、CAの女性もいちいち相手にしないのだ。そのなかで警戒心を解いて連絡先を教えてもらえるのは、40代男性の人間力がなせる技のようだ。

色気を出されていたら会おうと思わなかった

Nさん「すぐには連絡しなかったのですが、いい印象もあったので会ってみようかなという気持ちになりました。もし、機内で馴れ馴れしくされていたり、色気を見せられていたりしたら、プライベートでお会いしようとは思わなかったでしょうね」

最後にアドバイザーからひと言

「年下女性に敬語で丁寧に対応する男性はモテる」

Text by Unyomura