メディア個別 歴史の幕を閉じる現代版コブラ、ダッジ・ヴァイパー | editeur エディトゥール

editeur

検索
第22回 | 大人のための最新自動車事情

歴史の幕を閉じる現代版コブラ、ダッジ・ヴァイパー

1960年代、マッシブで扇情的な軽量ボディにフォードが開発した7.0L・V8のモンスターエンジンを搭載し、その圧倒的なパワーで一世を風靡した伝説のマッスルカー「コブラ」。このコブラのコンセプトを受け継いで1991年に登場したのが、“現代版コブラ”というべきダッジ「ヴァイパー」である。以来、25年間、ヴァイパーは「パワーこそ正義」という古き良きアメリカンスポーツカーの象徴として多くのファンを獲得してきた。しかし、そのヴァイパーも、ついに2017年モデルを最後に生産終了するという。

Text by Tetsuya Abe

editeur

検索