メディア個別 注目の書籍レビュー『頭に来てもアホとは戦うな!』 | editeur エディトゥール

editeur

検索
サービス終了のお知らせ
頭に来てもアホとは戦うな!
著者
田村耕太郎
出版社
朝日新聞出版
定価
1404円
出版日
2014-07-08
評価(5点 満点中)
総 合
3.8
明瞭性
4
革新性
3.5
応用性
4
第33回 | 本の要約サイト『flier』 powered by éditeur

注目の書籍レビュー『頭に来てもアホとは戦うな!』

人気のビジネス書、話題の書籍に書かれていることとは? 本の要約サイト『flier』から、注目の1冊のレビューをお届けします。

ドラマや小説になった「半沢直樹」のような銀行員でなくとも、「アホ」と戦いそうになる局面に多くの人が遭遇していることだろう。大企業や官僚など、大組織に所属している場合にはなおさらだ。人にはそれぞれのインセンティブがあり、出世や給与アップを目的に、自分だけが際立った成果を上げられるよう、周りのライバルの評価も含めて操作しようとする困った人はどこにでもいるものだ。
ではそのようなアホと対峙することになったらどう振る舞うべきなのだろうか。著者によれば、決して戦ってはならず、まるで合気道のように、相手の力を利用して上手くことを運ぶ方策を考えるべきである。そのためには、一時的な怒りに身を任せることなく、一呼吸置いて対処策を立案し、相手をリスペクトしながらじっくりと対処しなくてはならない。
さて、自分自身はこのような対応ができるのか。様々な視点からアドバイスをくれるような信頼できる人がいれば、冷静な対処が行いやすいのかもしれないが、一人だったとしたら、わかっていても難しいことに違いない。恐らく、著者の忍耐力は政治家として勤める中で相当に鍛え抜かれたのだろうと感心する。
内向き思考が支配的になりうる組織は、売上成長が止まった大企業、ビジネスモデルが盤石で将来の不安が小さい銀行のような組織、官庁や弁護士などの専門組織、と世の中に数多く存在している。こうした組織で運悪くアホと遭遇してしまった方は、本書を読んで冷静に対処策を練ってみてはいかがだろうか。

(文・『大賀 康史』/本の要約サイト『flier』)

この本の著者

田村 耕太郎

日本戦略情報支援機構代表取締役、国立シンガポール大学リー・クワンユー公共政策大学院兼任教授。前参議院議員(鳥取県選出、2期)。第1次安倍政権で、内閣府大臣政務官(経済財政・金融・地方分権担当)をつとめる。元参議院国土交通委員長。前大阪日日新聞代表取締役社長。エール大学、ハーバード大学、ランド研究所でも研究員を歴任。早稲田大学、慶應義塾大学大学院(在学中にフランス高等経営大学院に単位交換留学)、デューク大学法律大学院、エール大学経済大学院を各修了。オックスフォード大学AMPおよび東京大学EMP修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

flier_banner00
Copyright © 2018 flier Inc. All rights reserved.
ピックアップ

editeur

検索