メディア個別 ミニマリストたちへ──ハーレーの新型ミニマルツアラー | editeur エディトゥール

editeur

検索
サービス終了のお知らせ
第4回 | ハーレーダビッドソンの最新車デザイン・性能情報をお届け

ミニマリストたちへ──ハーレーの新型ミニマルツアラー

ミニマルとは「最小限の」という意味だ。そして、自分にとって快適であり、その価値観において必要最小限のモノを所有して暮らす人のことをミニマリストと言う。新たにハーレーダビッドソンの「ツーリング」ファミリーに加わった『エレクトラグライド スタンダード』は、まさしくミニマルであることを追求したニューモデルだ。「Freedom for all, All for Freedom(すべてを自由のために。自由をすべての人へ。)」を掲げるハーレーダビッドソンにとっては、その原点となる要素を持ったツアラーといえるかもしれない。

コンセプトは「ドレスダウン」。ツーリング至上主義者のための新型ツアラーが登場

1903年の創業から116周年を数えるモーターサイクル界の雄であるハーレーダビッドソンが、電動バイク『ライブワイヤー』の市販モデルを市場に投入する。これにハーレー乗りのみならず、世界中のバイクファンが驚きの声をあげたのは記憶に新しい。

その『ライブワイヤー』よりひと足早く2019年のニューモデルとして詳細が発表され、3月から予約受付が開始されたのが、高次元のツアラー性能を誇る「ツーリング」ファミリーに新たに加わった『ELECTRA GLIDE STANDARD(エレクトラグライド スタンダード)』だ。この新型ツーリングモデル、とにかくストイックかつ辛口なコンセプトによって開発されており、大人ライダーなら要注目の春雷ハーレー仕様となっている。

そのコンセプトはズバリ「Dressed down Dresser」。つまり、ドレスダウンのコーディネートだ。広大な北米大陸を走ると、なぜハーレーというバイクが生まれ、Vツインを搭載しているのかが理解できる。『エレクトラ グライド スタンダード』は、このグランドアメリカンツーリングのルーツにインスパイアされ、ツーリング至上主義者のためのモデルとして構成された。その外観は、余分なものをいっさい削ぎ落としたスタイルが特徴だ。

ミニマルの極地。なんとツアラー必須機能のオーディオシステムまで車体から排除

装備されるのは、風圧軽減に適したバットウィング・フェアリングに低めのミッドハイウィンドシールド、そしてソロツーリングシートとサドルバッグのみ。このソロシートは深めのバケットタイプで、長距離ツーリングでも快適さを提供してくれる。装飾を見ても、目につくのはエンジン周りのクローム処理と、ブラックのタンク側面に配された真赤なバラのようなバー&シールドのロゴくらい。じつにビターなスタイリングとなっているのだ。

驚いたのは、ミニマリストを追求すべくツアラー必須機能のオーディオシステムまで排除したこと。フェアリング内のメーター下には、そこに搭載されているはずのハーレー最新のインフォテインメントシステム「BOOM! Box GTS」の液晶モニターがなく、ぽっかりと口を開けてグローブボックスとなっているのだ。当然、アンテナも装備しない。

こうした装備のダイエットにより、出荷時重量は354kgを実現。同じツーリングファミリーの『ロードグライド』が372kg、『ストリートグライド』が361kgなので、7〜18kgも軽量化されたことになる。もっとも、当然ながらセキュリティシステムやクルーズコントロール、ABS搭載リフレックスリンクドブレーキといった安全機能は装備しているので安心してほしい。また、シート高も680mmと低く、これなら信号待ちも余裕だろう。

価格は約250万円。日常のノイズから開放されたいライダーにはおすすめのモデル

搭載するエンジンは、ツーリングファミリーの兄弟モデルと同様に、排気量1745ccの「ミルウォーキーエイト107」Vツイン。最大トルクは3250回転で150Nmを発揮する。ヘルメット越しに聞こえる風の音と、Vツインエンジンが奏でる三拍子のリズムにのって広大な大陸を旅したい。『エレクトラグライド スタンダード』は、そういう日常のノイズやストレスからの解放を望むライダーにはうってつけのモデルといえるだろう。

もちろん自分好みのカスタムモデルに仕上げるためのベースとしても使い勝手はいい。

ボディカラーは潔く「ビビッドブラック」のみで、価格は290万5200円(税込み)。上位モデルの『ストリートグライド』は299万8000円(税込み)からなので、このリーズナブルさも魅力のひとつに違いない。「BOOM! Box GTS」など必要ない、という孤独を愛するライダーにはおすすめのモデルだ。国内出荷は2019年5月より開始される。

Text by Katsutoshi Miyamoto
Photo by (C) Harley-Davidson, Inc.
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

ピックアップ

editeur

検索