メディア個別 コマンダー4×4──トラック仕様の巨大キャンピングカー | editeur エディトゥール

editeur

検索
サービス終了のお知らせ
第124回 | 大人のための最新自動車事情

コマンダー4×4──トラック仕様の巨大キャンピングカー

ミドル世代を中心とするアウトドアブームを受けて、日本では近年キャンピングカーの人気が再燃している。とはいえ、中心となっているのは中型の一般車両を改造したタイプで、小型の軽キャンパーもよく見られる。日本には国土の広さや交通環境などのさまざまな事情があるため、この点は仕方がないだろう。しかし、オーストラリアのキャンピングカーはひと味ちがう。ラリー仕様のトラックをベースにした巨大なキャンピングカーも存在するのだ。これに乗れば、どんな場所にも冒険旅行に出かけられるに違いない。

国土の多くに手つかずの大自然が残るオーストラリアはキャンピングカー人気が高い

専用設計のキャンピングカーの本場はアメリカで、昔から北米大陸にはキャンピングカーで家族旅行をする文化が根づいている。しかし、じつは南半球のオーストラリアも負けてはいない。いや、人口密度が低く、手つかずの自然に溢れているオーストラリアは、アメリカ以上に大型キャンピングカーが普及するのに適した土地柄といえるのだ。

オーストラリアと聞いて、樹上でのんびりするコアラや草原をかけるカンガルー、グレートバリアリーフやジャングル探検を思い浮かべるのは少しステレオタイプだ。日本の22倍もある国土の18%が砂漠で占められ、40%は人が住むこともできない。しかも、シドニーやメルボルンといった都市部に人口が集中しているので、内陸部は極端に人口密度が低い。こうした風土もあり、彼の地にはキャンピングカーの専門メーカーが複数存在する。

なかでも、SLRVエクスペディション(SLRV Expedition)はベースに大型車両を用い、豪華な室内をもつキャンピングカーを販売することで知られる。オーストラリア軍と特殊車両を共同開発していることからも信頼性の高さを窺い知ることができるだろう。そのSLRVから少し前に登場したのがトラック仕様のキャンピングカー『コマンダー4×4』だ。

いざ冒険旅行へ。ラリー仕様のオフロードトラックがベースの大型キャンピングカー

SLRVがこの巨大でいかついキャンピングカーを発表したのは2016年のこと。しかし、受注を開始したのは2017年で、予想以上の反響からバックオーダーを抱えたまま現在にいたっている。中東の王族などからのオファーも多く、内装や装備品についてはフルオーダーに近いこともあり、製作に時間がかかってしまうことがその原因らしい。

全長はなんと9m。重量は装備によってまったく異なるため公表されていないが、14トン前後になると思われる。なにしろ、ベース車両にダカール・ラリーでその名を馳せるMAN社(エム・エー・エヌ)の『TGM 13.290 4×4』を選んでいるからだ。ダカール・ラリーは世界一過酷なモータースポーツといわれ、「カミオン(CAMION)」というトラック部門もある。MAN社の『TGM』シリーズは、2007年にこの部門で優勝マシンに輝いた。

車体が巨大であるため、室内長は6.45m×2.3m、室内高は2.05mもある。200Lの冷凍冷蔵庫を備え、それとは別に75Lの冷凍庫をパッケージ。そのほか、トイレとシャワーはもちろんのこと、エアコンに給湯システム、コンロとストーブが付いたキッチン、セキュリティのための外部LED照明、150Wのソーラーパネルまで備えている。貯水タンクは800Lもあり、オーストラリア大陸の奥深くまで冒険に出かけることができるだろう。

お値段もケタ違い。SLRV『コマンダー4×4』の車両価格はなんと約5000万円から

このモンスター級のキャンピングカーに動力を与えるのは、6.87Lの6気筒ツインターボディーゼルエンジンだ。2300rpmで213kWの出力、1200〜1750rpmで1150Nmのトルクを発生する。車体は強度と断熱性に優れたアルミ板と発泡ガラス繊維による複合材料を使用。足元には当然ながらオフロード用のタイヤを履き、高めの車高もあって多少の障害物は楽々と乗り越えることができる。下の動画で走破性をぜひチェックしてほしい。

そのうえ、7つの革張りシート、2つのキングサイズベッドを備え、1000ccのクワッドATVが収容可能なコンパートメントもあるので、そこに大量の食料品や釣り道具を入れてもいいだろう。屋根にも十分な強度があり、デッキチェアを載せて360度の大草原を見下ろすこともできる。この冒険用トラックの価格は45万ドル(約5000万円)から。大きなスケールのキャンピングカーで旅に出られたら、新しい愉しさが待っているに違いない。

Text by Koji Okamura
Photo by (C) SLRV Expedition
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

動画はこちら
SLRV Commander 4×4 オフィシャル動画
ピックアップ

editeur

検索