メディア個別 スマートウォッチはベルト素材を選ぶか普段使いの時計をカスタマイズするかの2択  | editeur エディトゥール

editeur

検索
第43回 | 【腕時計】人気&話題のブランド

スマートウォッチはベルト素材を選ぶか普段使いの時計をカスタマイズするかの2択 

電子マネーや音楽再生、GPSによる移動距離や消費カロリーの測定機能などが、従来の腕時計に付加されたものがスマートウォッチだ。今や高級腕時計ブランドもこぞって開発するこのデバイス。ビジネスでもカジュアルでも、様々な場面で日常を効率的にしてくれる。そんなスマートウォッチであるが、ベルトにも様々な種類があることをご存知だろうか。

スマートウォッチを2種類に分類

スマートウォッチは、ハイブリッドウォッチ(コネクテッドウォッチ)とスマートバンドに分類される。前者は従来の文字盤の腕時計にスマートウォッチ特有の機能が付加されており、後者はベルト自体に様々な機能が付加されている。

時計本来にデバイスが搭載

ハイブリッドウォッチには、従来の腕時計にプラスアルファの機能が負荷されている。スマートフォンと連携し、通知をバイブレーションで知らせたり、音楽の操作を行ったりすることができる。電子マネーとしても利用できる。バッテリーは一週間ほど持つものから、従来の腕時計とさほど変わらないものまで様々である。

ベルトにデバイスが搭載

スマートバンドは、手首に巻くベルト自体に簡易なディスプレイを備えているデバイスだ。ハートレート(心拍数)やGPSを使った歩数や移動距離、消費カロリーなどを知ることができる。睡眠のサイクルを計測することも可能で、機能的にはハイブリッドウォッチよりも多岐に渡る。

時計本体にデバイス搭載のスマートウォッチはベルトの素材を選べる

ハイブリッドウォッチは、ベルトの素材を自由に付け替えられることも特徴の1つだ。例えばビジネスシーンで使うならスチール、カジュアルな私服に合わせるなら茶色のレザーといったように、1つのデバイスを自由なスタイルで使用することができる。

ベルトにデバイス搭載のスマートウォッチは普段の時計をそのまま使用できる

愛着のある普段使いの時計に、スマートウォッチの機能を追加できる画期的なプロダクトがある。ベルト自体に心拍数系や歩数計、電子マネー、電話応答などの機能があり、どんな腕時計でもスマートウォッチ化することが可能なのだ。

おすすめはwena wrist

ソニーの「wena wrist」は、用途に応じた3種類のベルトをラインナップしている。「wena wrist leather」は、電子マネー機能のみ搭載している。スマートウォッチと同等の機能を持つのは、「wena wrist pro」と、「wena wrist active」だ。どちらもスマートフォンと連携して通知をバイブレーションで知らせたり、移動距離や心拍数を測ったりすることができる。運動後にシャワーを浴びても問題なく、防水機能もばっちりだ。

関連リンク:伝統ある高級腕時計ブランドのモンブランが、最新技術をミックスした大人の風格溢れるスマートウォッチ、SUMMIT 2関連リンク:最先端技術を持つプロダクトでありながら、本来の外見と質感を失っていないタグホイヤーのスマートウォッチ関連リンク:クラシカルなデザインのモトローラmoto360の第二世代関連リンク:Apple Watch×18kのラグジュアリー、Apple Watch EDITION
ピックアップ

editeur

検索