メディア個別 注目の書籍レビュー『ピコ太郎のつくりかた』 | editeur エディトゥール

editeur

検索
ピコ太郎のつくりかた
著者
古坂大魔王
出版社
幻冬舎
定価
1404円
出版日
2019-01-30
評価(5点 満点中)
総 合
4
明瞭性
4
革新性
4
応用性
4
第30回 | 本の要約サイト『flier』 powered by éditeur

注目の書籍レビュー『ピコ太郎のつくりかた』

人気のビジネス書、話題の書籍に書かれていることとは? 本の要約サイト『flier』から、注目の1冊のレビューをお届けします。

ピコ太郎の「PPAP」は、世界中でバズった動画だ。日本人で唯一、YouTube週間チャート世界第1位を獲得した。
みなさんの中にも「PPAP」を見たことがある人は多いだろう。しかし、なぜこれといったメッセージ性もないように思える「PPAP」が世界中でバズったのか、理解できない人もいるのではないだろうか。ジャスティン・ビーバーが運よくツイートしたことで拡散され、バズっただけではないかと。
だが実は、「PPAP」はジャスティンがツイートする前から世界各国で人気が出始めていた。ジャスティンのツイートはバズを起こす最後の一押しだったのだ。
「PPAP」のプロデューサーはお笑い芸人の古坂大魔王氏だ。本書では、著者がどのような考えを持って、いかにして「PPAP」をつくったのかが明かされる。
「PPAP」は何も考えずにつくられたように見える「くだらない」コンテンツだ。しかし著者は、こだわりを持ってつくった「くだらない」コンテンツだからこそ、グローバルにバズったのだという。
著者は音楽DJとしても活動しており、音楽に相当こだわりがある。そしてお笑い芸人として抜群の「間」の取り方を知っている。実はこうした要素が、「PPAP」の動画づくりに活きているのだ。本書で「PPAP」の制作背景を知れば知るほど、相当なこだわりを持って作られたコンテンツであると理解できるはずだ。
本書はコンテンツ論としてのみならず、仕事論としても読むことができる。ぜひ多くの人に手に取ってほしい。

(文・『森本 進也』/本の要約サイト『flier』)

この本の著者

古坂 大魔王(こさか だいまおう)

1973年生まれ。お笑い芸人。お笑いトリオ「底ぬけAIR-LINE」としてデビュー。現在、古坂大魔王としてバラエティ番組に出演、コメンテーターとしても活躍している。また音楽活動も行っており、メジャーアーティストとのコラボ・楽曲提供を手がける。そして、世界的シンガーソングライター「ピコ太郎」のプロデューサーとして活躍の場を国内外へ広げている。

flier_banner00
Copyright © 2018 flier Inc. All rights reserved.
ピックアップ

editeur

検索