メディア個別 グウィネス・パルトロウ、「これからはサイケデリック・ドラッグの時代」!? | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1629回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

グウィネス・パルトロウ、「これからはサイケデリック・ドラッグの時代」!?

グウィネス・パルトロウ(46)は、これからはサイケデリック・ドラッグの時代だと考えているそうだ。ライフスタイルサイト、グープを2008年に発足した際、ヨガを世間に広め、2015年に料理本を発表した際にはグルテンフリーを取り入れるなど、常にトレンドの最先端を行くと自負しているグウィネスだが、心の病や依存症の治療にサイケデリック・ドラッグが幅広く使われることになるだろうと読んでいるようだ。

ニューヨーク・タイムズ紙とのインタビューで次に来るものを尋ねられた際、こう答えている。「健康や心の病、依存症におけるサイケデリックの影響がより主流に捉えられてくると思う」「だってその状況にいることと、宇宙的何かにつながっている気分には間違いなく共通する部分があるでしょ」

そうは話すものの、自分でそういったドラッグを試したことはないとして、「私は一度もやったことないわ。怖いもの」と続けた。

そんなグウィネスは昨年、ヨガをここまで広めたのは自分であるとしてこう話していた。「嫌な言い方に聞こえたらごめんなさい。でもこの前ロサンゼルスのヨガのクラスに行ったら、受付の22歳の女の子に『ヨガはやったことがありますか?』って聞かれたの。私は唖然として友達に『この子は私がヨガをやったことがあるから今の仕事があるんじゃない』って言っちゃったわ」

その一方でヨガについて初めてグープで取り上げた際には、世間から変人扱いされたとも当時を振り返っていた。

ピックアップ

editeur

検索