メディア個別 クロエ・カーダシアン、度重なる浮気疑惑に悲痛の叫び | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1606回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

クロエ・カーダシアン、度重なる浮気疑惑に悲痛の叫び

クロエ・カーダシアンがパートナーの度重なる浮気疑惑に苦しむ胸中を明かした。クロエは生後10か月の娘の父親であるNBA選手トリスタン・トンプソンと、異父妹カイリー・ジェンナーの親友でモデルのジョーディン・ウッズの間に浮気疑惑が浮上していることを受け、なぜ自分がこんな仕打ちをされなければならないのか分からないと感じているようだ。

インスタグラム・ストーリーへの投稿でクロエはこう綴る。「忘れないで:浮気したのは本人が望んだから、嘘をついたのは可能であったから、今反省しているのはバレたから」「問題はいつも向こう。自分は何もしてないないし、そんな仕打ちを受けなければならない覚えもない」

トリスタンとジョーディンは、複数の友人たちと共にドレイクのコンサートを見に行った後、トリスタンの自宅へと移り飲み会を開いていたようで、そこで酔ったはずみでキスをしたと言われている。

ジェイダ・ピンッケット・スミスのトーク番組『レッド・テーブル・トーク』でジョーディンが今回の件についての発言を先日収録したことを受け、これまで家族のように親しかったカーダシアン一家はショックを受けているという。

その中でもこれまで同居するほど親しかったカイリーは、姉と親友との板挟みにひどく動揺しているそうで、今後ジョーディンとの友人関係をどうしていくか考えているところだと言われている。

ピックアップ

editeur

検索