メディア個別 【水・日連載LINE講座】家族編 小学生女子に聞いた、既読スルーしたくなる父親LINE vol34 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第21回 | 【モテ技】古い?ウザい?失敗しないLINEテク

【水・日連載LINE講座】家族編 小学生女子に聞いた、既読スルーしたくなる父親LINE vol34

これまで、恋愛や夫婦関係をテーマに女性に対するLINEテクニックを多く紹介してきた本講座。今回はちょっと趣向を変えて「娘」に対するLINEマナーを考えてみたい。LINEデビューしたばかりの小学生女子に聞いた、父親からのダメLINEを紹介するとともに、娘に好かれる父親像を探っていこう。

正直言って、父親からのLINEは全部面倒

今回、話を聞いたのは、東京都内の小学校に通う3名の女子。
かりんさん 小学校4年生 父親は42歳
ユウナさん 小学校3年生 父親は39歳
ももかさん 小学校5年生 父親は41歳

皆、塾や習い事などで帰りが遅くなる場合に連絡を取り合う手段としてスマートフォンを与えられ、LINEデビューして1年未満だという。

最初に「父親からもらってイヤだったLINEはある?」と質問したところ…

なんと「お父さんからのLINEは正直言って全部面倒」という悲しすぎる回答が。「イヤ」と言わずに「面倒」と、言葉を選んでくれただけでも愛情を感じるべきだろうか。その具体例を見せてもらった。


まずはかりんさんのコメントから。
「普段家ではあまり会えないから、LINEで学校はどう?とか、友達は元気?とか聞かれます。けど、話題がないからとりあえず送ってるんだろうなーって。」

仕事で帰りが遅くなり、なかなか娘と顔を合わせる時間がない。これは働き盛りのビジネスパーソンには共通した悩みではないだろうか。

せめてLINEで娘との会話を楽しみたいものだが…・。娘の立場からすると「普段からコミュニケーションを取っていない相手とはLINEで話すことなどない」ということらしい。

続いてのコメントはユウナさん。
「誕生日プレゼント何が欲しい?とか、ケーキ買ってあげるとか、気を引こうとしているのが分かっちゃう。もっと堂々として!!って思う。」

娘を少しでも喜ばせたいと思う父としての親心も、年頃の娘にとっては面倒ならしい。好かれたいからと下手に出たり、媚びたりするのはやめよう。


最後にももかさんのコメント。
「迎えにくる時間とか、必要なことだけ連絡して欲しい。無駄に今日のお昼ごはん〜とか、自撮りとか、送ってこないで〜(笑)」

雑談も許されないとは、なかなか手厳しい。とにかく娘へのLINEは必要事項を最低限に、というのが鉄則なようだ。


では一体、どんなLINEなら喜ばれるのか?その答えは……次回をお楽しみに!

今回のLINE講座まとめ

■父親からの連絡は基本的に面倒。下手に構ってもらおうとせず、必要事項の伝達のみに使用するのが吉。
■LINEで会えない時間を埋めようとしてはいけない。LINEよりも日々のコミュニケーションを大切に。
■好かれたいがための媚びは見透かされている。父親たるもの威厳をもって、堂々としていよう。

過去記事はこちらから 【土日連載LINE講座】記事一覧

※名前・アイコン画像はイメージとして作成したものです。
Text by NAG

ピックアップ

editeur

検索