メディア個別 ラミ・マレック、『007』最新作で悪役に!? | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1602回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

ラミ・マレック、『007』最新作で悪役に!?

ラミ・マレックが「007」シリーズ25弾の悪役に向けて、交渉の最終段階にあると言われている。『ボヘミアン・ラプソディ』のフレディ・マーキュリー役で先日アカデミー主演男優賞に輝いたラミが、キャリー・フクナガが監督を務める人気シリーズにメインの悪役として登場することになりそうだ。

この役に向けては以前からラミに白羽の矢が立っていたものの、主演ドラマ『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』との兼ね合いでスケジュールの調整がつかなかった。しかし、コライダーは今回、ラミのマネージャーチームが両作品のスケジュールを合わせる交渉に成功したと報じている。

ラミがオファーされている役名は明らかになっていないものの、盲目の設定だとも噂されている。

先日、『シャッターハンド』という仮題がつけられたシリーズ最新作は、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる最後の作品になると見られており、現在は2020年4月8日の公開が予定されている。

ピックアップ

editeur

検索