メディア個別 200台のランボルギーニ──日本人はなぜランボ好きなのか | editeur エディトゥール

editeur

検索
第33回 | ランボルギーニの最新車デザイン・性能情報をお届け

200台のランボルギーニ──日本人はなぜランボ好きなのか

日本人はなぜ昔からランボルギーニが好きなのか。そう問うても、好きな理由は人それぞれ異なるので答えは出ないだろう。しかし、日本人がアラブや中国の人々よりもランボルギーニが好きだということは、ちゃんと数字が証明している。ランボルギーニは2018年に前年比51%増となる5750台の新車販売台数を記録したが、市場別に見ると、日本は前年比36%の559台で第3位のシェアとなっているのだ。ちなみに、1位は北米の1595台、2位はイギリスの636台。通常の年は日本が北米市場に次ぐ第二の市場だ。昨年11月のことになるが、この日本人のランボルギーニ好きを象徴するシーンが横浜で見られたので紹介しよう。200台以上のランボルギーニによるオーナーパレードである。

「ランボルギーニ・デイ・ジャパン」でアジア初披露された『アヴェンタドールSVJ』

「ランボルギーニ・デイ・ジャパン」は、日本各地のランボルギーニオーナーが集う年に一度のビッグイベントだ。会場となったのは横浜スーパーファクトリー。目玉のひとつは、ランボルギーニの新たなフラッグシップモデルとなる『アヴェンタドールSVJ』がふたりの美女によってアンベールされたこと。むろんアジアではこの日が初披露となった。

このほか、『ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー』『ウルス』、そしてサブ会場には、ランボルギーニ・ポロストリコによってレストアされた『エスパーダS3』『イスレロ400GT』などのヒストリックカーも展示された。驚かされたのは、このイベントのためにステファノ・ドメニカリCEOをはじめとするランボルギーニの経営幹部までわざわざ来日したことだ。これはランボルギーニが日本市場を重視していることの証といえるだろう。

そしてある意味、このイベントの最大の見どころとなったのが、集結した200台超のランボルギーニによるパレードだ。もちろんすべてオーナーによるドライブである。

約200台のランボルギーニが近未来的都市のみなとみらい地区をオーナーパレード

集まったモデルはじつに多彩だ。『アヴェンタドール』『ウラカン』『ウルス』の現行モデルのみならず、『ミウラ』『カウンタック』といった往年のランボルギーニの姿も見られた。数でいうと、一番売れているモデルだけにやはり『ウラカン』が多かっただろうか。

約200台のランボルギーニは、ステファノ・ドメニカリ氏の挨拶のあと、みなとみらい地区から横浜市の横浜スーパーファクトリーまでのおよそ8kmをパレード。多くのスーパーカーが集まる場所といえば、日曜日や年末年始の首都高速湾岸線「大黒パーキングエリア」が有名だが、ランボルギーニ・デイ・ジャパンのパレードはその比ではない。

まず全台がランボルギーニの単一ブランドであること。さらに、みなとみらいはオフィスビルや高級ホテル、テーマパークなどが計画的に区画されたエリアに並ぶ近未来的都市であるうえ、パレードが夕刻だったことが大きい。灯りで彩られたみなとみらいをこれだけの数のランボルギーニが隊列を組んで走るさまは、まるで『ワイルド・スピード』だ。

ランボルギーニにとって日本は重要マーケット。『ウルス』導入でより成功を収める

イベント会場の横浜スーパーファクトリーでは、ランボルギーニの経営幹部がオーナーたちを出迎えた。以下はステファノ・ドメニカリ氏によるスピーチである。

「ランボルギーニにとって日本は重要なマーケットです。日本のお客様に長きにわたりご愛顧いただき、わたしたちのブランドとの強い絆を築いていただきましたことに感謝申し上げます。私たちは常にお客様のことを考えており、ウルスを市場に導入したことにより、世界、そして日本でも今まで以上の成功を収めることができると期待しています」

日本人がランボルギーニを好きなように、ランボルギーニもまた、自社のスポーツカーをより多く購入してくれる日本人オーナーを間違いなく好ましく思っているに違いない。

Text by Kenzo Maya
Photo by (C) Automobili Lamborghini S.p.A.
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

ピックアップ

editeur

検索