メディア個別 ジェマ・アータートン、『キングスマン』最新作に出演へ | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1532回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

ジェマ・アータートン、『キングスマン』最新作に出演へ

ジェマ・アータートンが『キングスマン:ザ・グレイト・ゲーム』にキャスト入りした。人気シリーズの前日章となるこの新作についてはあまり明らかになっていないものの、ジェマは子供の世話係役を演じるという。

数か月以内に撮影がスタートすると言われる同作では、シリーズ通して監督を務めているマシュー・ヴォーンがアーロン・テイラー=ジョンソンと『キック・アス』以来の再タッグを組むことになっており、ほかにもレイフ・ファインズ、ハリス・ディキンソン、ダニエル・ブリュール、チャールズ・ダンスらの出演が決定している。

また、その中でもトム・ホランダーはジョージ5世、ドイツやロシアの皇帝など1人3役をこなす予定だ。

一方でシリーズ前2作で主役を演じてきたタロン・エガートンは、この新作に登場しないことを明かしていた。「僕は『キングスマン』の次回作には出演しないよ。だからと言って『キングスマン』に出ることはもうないってことじゃないけどね。数日前にマシューにあったところだけど、まだこの話は2人とも十分乗り気だからさ。ただ彼の次回作に僕は関与しないってだけさ」

ピックアップ

editeur

検索