メディア個別 全部日本酒のせいだ!!SNSで話題の蒲田「ほいさっさ」で牡蠣と和牛の贅沢三昧 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第4628回 | NOMOOO powered by éditeur

全部日本酒のせいだ!!SNSで話題の蒲田「ほいさっさ」で牡蠣と和牛の贅沢三昧

酒飲みツイッタラーなら、おそらく見覚えがあるであろうこの看板。

気になりますよね!!

Twitterでこの画像が流れてきたとき、ふくい(@fukufukufuku_00)も秒で「いいね」しましたもん。お酒好きの反射神経ですよね。

というわけで、今回は建設中の看板がTwitterで7万いいね超え、めっちゃバズってた蒲田の「ほいさっさ」に行ってきましたよ。

SNSで超バズってた日本酒バル「ほいさっさ」

「ほいさっさ」は2018年12月12日にオープンしたお店。店名より、看板の「全部日本酒のせいだ!」が先に立っている感が否めないですね…。

実は、和牛と牡蠣の美味しさがウリの日本酒バルで、60種類以上の日本酒を取り揃えているんですよ。

 お店は2階建て。団体も大歓迎で日本酒通でなくとも、ライトに日本酒を楽しむことができます。オープン直後は、Twitterを見て駆けつけたお客さんも多かったそう。

「オープン当日、お客さんに何をきっかけに来店してくれたか気になって全員に聞きまくってたんですが、Twitterの方がほとんどでしたね。多すぎて、途中から聞くのやめたくらいです。」と店長さん。

謎の絵本に変なトイレ。ツッコミどころ満載の店内

さて何にしようかな…と思ったところで、テーブルにメニュー表がないことに気がつきます。そして、謎の絵本…。

「あ、これメニューなんですよ~」と店長さん。なぜ絵本にメニューが貼り付けてあるのか尋ねると、特に理由はないとのこと。
実はここのお店、メニューや看板以外にもツッコミどころが満載なんです。

 トイレ、どこにあるかわかりますか??
はい!! ジャーン!!ここ~!

隠し扉になっていて、天井にはミラーボール付き。

 一番奥のテーブルには、どデカいぬいぐるみ達が着席しています…。思わずなんで??ってスタッフさんに聞きたくなる“おふざけ”だらけ。

真面目に理由を聞いても「え?なんか面白いでしょ?」と答える店長。な、何…この感じ…、なんか癖になる!!

グラスいっぱいに注がれる日本酒はマストで注文!

店内を一通り楽しんだら、日本酒をオーダーします!

日本酒は「グラス(480円〜/税抜)」「徳利(720円〜/税抜)」。メニュー上で日本酒の味わいがわかるように4つに分類されていて、注文しやすいのも嬉しいですね。


楽しいこと、嫌なこと、すべてを日本酒のせいにしても、日本酒は裏切らない。表面張力はすべての大人の味方!!

この日注文したのは、店長オススメの「雨後の月 特別純米 十三夜 おりがらみ生原酒」。しっかりとした旨み、爽やかな飲み口で食中酒にもぴったりです。牡蠣や和牛の主張も上手く受け止めてくれそう。

日本酒×牡蠣で幸せの最高値へ

日本酒のお供は、もちろん牡蠣様です。様をつけて呼びたいくらい麗しい…。

「牡蠣(290円~/税抜)」は季節によって美味しいものを豊洲直送で仕入れているのだそう。左の牡蠣が岩手県の広田湾産、右は三重県の的矢産。全国各地の牡蠣を楽しめるので、食べ比べしてみるのも楽しいですよ。

ちゅるんと口に放り込み、ひと噛みすれば旨味が弾けて洪水をおこします。
広田湾産は大きな身にたっぷりミルクが詰まっていて、的矢産は小ぶりながら身がやわらかく甘みがふわりと広がる幸せの味です。

どっちの牡蠣が美味しいとかそんなのわかんない、というかどっちも最高!だって日本酒と牡蠣。もう、能書きとかどうでもいい!!

A3クラスの和牛で日本酒が止まらない

続いてやってきたのは「和牛タタキとローストビーフの愛盛り(1,629円/税抜)」!!しっかり肉感を堪能できるよう、A3クラスの和牛を使用しているそう。この辺で、私の脳みそが偏差値2になりました。

噛むほどに旨味が広がって、日本酒も止まらない。お肉、飲み込むのやめてもいいですか??

美味しすごて、ほぼ無言で食べ進めます。※もちろん大勢でワイワイ食べるのも絶対楽しいです!!笑

日本酒・牡蠣・和牛どれもウンチクが付いて回るジャンルかもしれないけど、カジュアルなお店の雰囲気のおかげで純粋に“美味しい”を楽しめた気がします。冬の間にまた行こう〜っと!!

店舗詳細

店舗名 牡蠣と和牛 ほいさっさ 蒲田店
住所  東京都大田区蒲田5-18-14 1・2F
電話番号 050-3464-3523
営業時間 16:00~23:30
定休日 不定休
HP https://hoisassa.gorp.jp/

※この記事はグルメ情報サイト「NOMOOO」から提供を受けて掲載しています
ピックアップ

editeur

検索