メディア個別 クリス・タッカー、『ラッシュアワー』第4弾製作を認める | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1504回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

クリス・タッカー、『ラッシュアワー』第4弾製作を認める

クリス・タッカーが「ラッシュアワー」シリーズ第4弾が製作中であることを認めた。ジャッキー・チェン演じるリー警部とクリス演じるジェームズ・カーター刑事のコンビが繰り広げる同アクションコメディ映画の最新作が、脚本の仕上げ段階にあることをクリスが明かした。

ヴィンス・カーターとケント・ベイズモアのポッドキャスト『ウィニング・イット』への出演時、クリスはこう話している。「プリプロダクション段階ではないよ。脚本をいくつか手直ししてるんだ。ジャッキーはやる気だし、僕もやる気だ。スタジオもね。実現に向けて話をまとめてるところだよ。うまくまとまりそうさ」

1988年のブレット・ラトナー監督作で始まった同シリーズでは、2人が演じるロサンゼルスと香港の警官が世界的な犯罪組織に立ち向かう姿が描かれている。

2007年に公開された『ラッシュアワー3』が最後となっていたものの、以前にジャッキーが第4弾を示唆する発言をしたことから、シリーズのファンの中では続編製作への期待が高まっていた。その際、ジャッキーはシリーズ再開は2人ともこのキャラクターが大好きであるからだとして、「お金が目当てなんじゃないよ。作るタイミングが全てってこと。僕らも結構年だから、クリス・タッカーに『すっかり年を取る前に『ラッシュアワー4』をやろうって言ってるんだ』と口にしていた。

ピックアップ

editeur

検索