メディア個別 【レビュー】ストロングチューハイ研究家が『氷結®ストロング ベリーミックス』をガチレビュー | editeur エディトゥール

editeur

検索
第4604回 | NOMOOO powered by éditeur

【レビュー】ストロングチューハイ研究家が『氷結®ストロング ベリーミックス』をガチレビュー

こんばんは。ストロングおじさん(@strong_ojisan)です。

今回は、2019年1月29日(火)に期間限定製品として発売された、ストロングチューハイ『 氷結®ストロング ベリーミックス 』を飲んで真剣レビューしていきます!

「氷結®ストロング」シリーズとは?

氷結®ストロング」シリーズは、2008年5月にキリンビールが発売したストロングチューハイ。

実は、サントリーのストロングゼロよりも先に発売された、長い歴史を誇る製品なんです。伝統の氷結®ストレート果汁を使用した、果実の美味しさをそのまま表現した、爽やかな飲み口が特徴とされています。

「氷結®ストロング」シリーズの最近のトレンドは?

レモンやグレープフルーツといった定番のフレーバーが有名ですが、最近では”複数の果実をミックスしたフレーバー“に力を入れており、昨年秋冬だけでも、「白桃&黄桃」「ゆずレモン」がいずれも期間限定で発売されました。

今回のベリーミックスも、そのトレンドに乗ったラズベリーとブルーベリーのミックスフレーバー。氷結®ストロングでは初の組み合わせであり、また缶チューハイに使用されること自体珍しいベリー系のフレーバーです。一体、どんな味に仕上がっているんでしょうか?

商品概要

商品名 氷結®ストロング ベリーミックス
容量 350ml、500ml
容器
希望小売価格 オープン価格
アルコール度数 9%

こちらが『氷結®ストロング ベリーミックス』。

ピンクとホワイトをベースにした、とてもオシャレなパッケージ。氷結®シリーズ特有の、ダイヤカット缶に良く映えるデザインです。ストロング系ながら、女性受けもよさそうですね。

果汁は0.6%とやや控えめ。また、氷結®ストロングは一般糖類を使用した製品も出ていますが、こちらは人工甘味料系の製品ですね。(ダイヤカット缶の反射で、正面からだとうまく撮れません笑)

さぁ、それでは実際に飲んでみましょう!

『 氷結®ストロング ベリーミックス』を飲んでみた

グラスに注ぐと、ロゼワインのようなキレイな赤色をしています。パッケージだけでなく、グラスに注いだ感じもオシャレですね。

飲んでみると、まずは爽やかなベリーの香りが飛び込んできます。ただ単に爽やかなだけでなく、ラズベリーとブルーベリーが入り交ざった、複雑で重層的な香り。これが、何とも言えず深みのある飲み口に仕上げてくれている印象を受けました。

甘さですが、決して強すぎないスッキリした甘さです。これは氷結®ストロングシリーズ全般の特徴であり、さすがのバランスというところでしょうか。

甘さだけじゃない!ベリーの渋みも感じる大人のチューハイ

また、基本的には爽やかと甘さが目立つのですが、よくよく味わってみると、ほのかに苦味、または渋味のような風味を感じます。これはベリーの皮の風味でしょうか?これが良いアクセントとなって味が引き締められており、単なる甘くて爽やかなドリンクに留まらない、大人っぽい印象を受けます。

後味も、人工甘味料を使用したチューハイにしては、悪くない感じです。果実自体に苦味が少ない場合、かえって人工甘味料の苦みが目立ってしまうのですが、こちらはベリーのほのかな苦味が、人工甘味料の苦みを抑えている印象です。

ストロングおじさん推奨!氷を入れてより爽やかに

さすがストロングだけあって、アルコール感は結構ありますね。それが気になる方には、氷を入れて飲むのをおススメします!アルコール感が薄くなり、より爽やかに。一方、ベリーの香り自体はしっかりしているので、氷をいれても香りはちゃんと感じられます

まとめ

飲む前は、もっと甘めでジュースっぽいニュアンスが強いのかなと思っていましたが、実はかなり大人っぽい味のストロングチューハイでした!これは女性・男性問わず、受け入れられる味かと思います。かなり、オススメしたい一品ですね!

氷結Ⓡストロングのミックスフレーバーシリーズは、美味しく、かつ個性的な製品が多いので、これからも続けていって欲しいですね。

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

※この記事はグルメ情報サイト「NOMOOO」から提供を受けて掲載しています
ピックアップ

editeur

検索