メディア個別 【水・日連載LINE講座】恋愛編 婚活女子が教える!ときめく好感触LINE集 vol28 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第52回 | モテ系美女がガチ添削!40男の失敗しないLINE講座

【水・日連載LINE講座】恋愛編 婚活女子が教える!ときめく好感触LINE集 vol28

人口統計資料集2018によると、男性の生涯未婚率(50歳時に未婚の割合)は23.4%。つまり約4人に1人が「おひとりさま」という時代。厳しい状況にある40代以上の婚活に勝利するために欠かせないスキルのひとつがLINE術である。今回は、婚活中のアラサー美女に聞いた、好感触LINEについて紹介しよう。
過去記事はこちらから 【LINE講座】連載記事一覧

具体的にどこに惹かれたのか、照れずに伝えるべし!

「マッチングアプリでメッセージをくれた方が、写真だけでなく音楽や映画の趣味が同じで、センスが好き、と褒めてくれたので、会ってみたくなりました。(32歳・IT関連勤務)」
「合コンでは連絡先交換だけで印象に残らなかったのですが、後日LINEで美味しそうに食べるところが可愛いと思った、と伝えてくれて、キュンとしました。(33歳・看護師)」

まずは知り合って間もない時期。アラサー女子に有効なのは、ストレートな褒め言葉だ。駆け引きは無用、照れずにどんどん思いを伝えよう。

初デートの食事は背伸びせず、馴染みの店が好印象

「サイトで適当に探したお店よりも、お気に入りのお店に連れて行ってくれるとうれしいです。現地集合より、どこかで待ち合わせるのも楽しい。(33歳・看護師)」「気合いを入れた高級店よりも馴染みの店に行くほうが親密になれる気がします。(34歳・PR)」

高級店志向な女性との関係は、長続きさせるのが難しい。お互いリラックスできる環境で、ぐっと距離を縮めるためにも、馴染みの銘店は増やしておこう。

婚活に回り道なし、気持ちをはっきり伝えて関係性を築け!

「LINEだけでの告白は寂しいけど、告白のダメ押し的な感じではっきり言葉にしてもらえると、信頼できます。(33歳・看護師)」「いかにもこっちの告白待ち、みたいな回りくどいLINEをしていると途中で気持ちが萎えます。はっきり気持ちを伝えてくれるとうれしいです。(32歳・IT関連勤務)」

まずはお友達から…なんて回りくどいやりとりは不要。アラサー女子との婚活では「結婚を前提にした交際」という明確な関係性を伝えることが重要だ。告白はLINEだけで完結するのではなく、あくまでも”会って気持ちを伝える+LINEでダメ押し”という2点セットを心がけよう。

今回のLINE講座まとめ

■アラサー婚活女子に対するLINEは直球勝負が鍵。どこが好きかストレートに褒めよう。
■初回のデートは気合を入れすぎず馴染みの店で。将来性を見極めるためにも高級店である必要はない。
■直接の告白+LINEでのダメ押しで「結婚を前提にした交際」というメッセージを伝えよう。

次回のLINE講座では、今回とは逆に婚活シーンでのドン引きダメLINEについて紹介。乞うご期待!

※名前・アイコン画像はイメージとして作成したものです。
Text by NAG

editeur

検索