メディア個別 日本酒蔵が造った地ウイスキー!?昭和感溢れるデザインが可愛い「ピークウイスキー」の魅力に迫る | editeur エディトゥール

editeur

検索
第4521回 | NOMOOO powered by éditeur

日本酒蔵が造った地ウイスキー!?昭和感溢れるデザインが可愛い「ピークウイスキー」の魅力に迫る

今回は、日本酒好きもウイスキー好きも注目の商品「ピークウイスキー」をピックアップ。

なぜ双方に注目して欲しいかと言うと、同商品は主に日本酒を手掛ける酒造メーカーが製造している、人気地ウイスキーだからです!

仕込み水にも、日本酒造りと同様のものを使用。どこか昭和を感じさせるラベルデザインも可愛い、「ピークウイスキー」に迫っていきます!

ピークウイスキーを造る玉泉堂酒造とは?

ピークウイスキー」は岐阜県養老町の老舗酒造メーカである、玉泉堂酒造(ぎょくせんどうしゅぞう)が製造する国産ウイスキー
同酒造は江戸時代後期の文化3年(1806年)に創業し、以来200年にわたり、主に日本酒を中心に焼酎やみりん、リキュールなど、幅広い酒類を手掛けてきた総合種類メーカーです。

「ピークウイスキー」を造る玉泉堂酒造

脈々と続く歴史の中で、玉泉堂酒造は量産に力を入れていた時期もありましたが、昭和50年代後半にその酒造りの姿勢を大きく転換品質にこだわった少量生産にシフトし、昭和62年(1987年)には、製造を休止していた高級酒の銘柄醴泉(れいせん)」を復活させます。

さらに翌年には主力銘柄となる「美濃菊(みのぎく)」を発表。以来、高品質な地酒造りで高い評価を獲得し、現在でも良質な酒を造る蔵として認識されています。

蔵は海抜0mの平野部から標高859mの養老山を擁する、養老山系の近くに立地。名所”養老の滝“で知られる、この豊かな水源の伏流水を仕込み水に使用していることが、同酒造が良質な酒を造れる秘密の一つです。

蔵の方向転換の時期と共に誕生

「ピークウイスキー」が脚光を浴びたのは、第一次ウイスキーブームが起きた昭和50年〜60年頃。当時あったウイスキーの級別制度において2級の地ウイスキーでありながら、味とコストパフォーマンスが良いということで愛され、瞬く間に一世を風靡しました。

人気は続き、その後訪れるウイスキー市場における”冬の時代”でも根強い人気を保ち続けます。そして、近年のウイスキー人気に伴い再び脚光を浴びているのです。
また、発売当時は味とコスパが注目されましたが、現代においてはデザインも人気の秘密でしょう。黄色いラベルに赤い文字、蔵元直送と記されたキャップなど、どこか昭和を感じさせるデザインは、当時を知る人には懐かしく、若い世代にはレトロでお洒落と感じさせているようです。

「ピークウイスキー」の造り方

ピークウイスキー」は特にまろやかな味わいが特徴ですが、その大切なポイントになっているのは長い熟成期間です。

使用したのは、8年熟成させたスコットランド産モルト原酒。これを樫樽で10年熟成させた後、グレーンウイスキーをブレンドします。
ブレンドされたものは、そこからさらに6年熟成。これだけの期間を経てやっと、「ピークウイスキー」は完成するのです。

また、仕込み水には前述した養老山の伏流水を使用。この水はミネラル分が少ない軟水なので、酒の味も柔らかく上品に仕上がるのだとか。

これらの製造方法は、販売当初から堅守グレーン・モルトの地ウイスキーとして、ファンのために変わらぬ品質を世に送り出し続けています

「ピークウイスキー」の味わい

ピークウイスキー

玉泉堂酒造 ピーク・ウイスキー ブレンデッド (黄ラベル) 37度 1800ml出典:玉泉堂酒造 ピーク・ウイスキー ブレンデッド (黄ラベル) 37度 1800ml

「ピークウイスキー」の味わいの特徴は、やはり長期熟成と仕込み水からなる、奥行きのある柔らかでまろやかな仕上がりです。コスパの良いウイスキーながら、ストレートでも飲めてしまうほど

ピークウイスキーはハイボールにするのがオススメカラメルや樽香、グレーンウイスキーの甘みが炭酸と共に弾け、心地良く感じられます。少し甘さが欲しいなら炭酸をコーラに変えても◎。程よい甘みで、これもまた相性抜群です。

爽快さが売りのハイボールとの相性の良さは、同商品の味わいだけでなく、アルコール度数も関係するところでしょう。37度と一般的なウイスキーより低めなので、飲みやすい仕上がりになるのです。

購入はコチラ

ピークウイスキースペシャル

玉泉堂酒造 ピークウイスキースペシャル 瓶 箱入 [ ウイスキー 日本 720ml ]出典:玉泉堂酒造 ピークウイスキースペシャル 瓶 箱入 [ ウイスキー 日本 720ml ]

ちなみに、同銘柄にはこの「ピークウイスキースペシャル」もあります。同商品は、「ピークウイスキー」発売当初の昭和中期の味わいを再現した一本です。

シェリー樽貯蔵のイギリス産モルトを使用したブレンティッドウイスキーであり、ほのかなシェリー香と、まろやかな旨味が特徴

ボトルデザインも、通常の「ピークウイスキー」とは違う特別感があるので、ギフトとして利用するのにも良いかもしれません。

購入はコチラ

まとめ

今回は、日本酒蔵でもある玉泉堂酒造が造る地ウイスキー「ピークウイスキー」を紹介しました。

味もさることながら、デザインも良い同商品は、空瓶をオブジェとして利用することもできるでしょう。

確かな個性と、蔵の強いこだわりが詰まった「ピークウイスキー」。ウイスキーファンは、ぜひ一度飲んでみてください!

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

※この記事はグルメ情報サイト「NOMOOO」から提供を受けて掲載しています
ピックアップ

editeur

検索