メディア個別 ブライス・ダラス・ハワード、女性メインの新作コメディ出演決定! | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1457回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

ブライス・ダラス・ハワード、女性メインの新作コメディ出演決定!

ブライス・ダラス・ハワードが新作『フェアリー・テイル・エンディング』に出演する。「ジュラシック・ワールド」シリーズなどでおなじみのブライスは、『アイス・エイジ2』の脚本家ジム・ヘクトと『マッドメン』のトレイシー・マクミランが手掛ける女性中心の新作コメディで、『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』で共演したオクタヴィア・スペンサーと再タッグを組むことになる。

ユニバーサルが贈るこの新作で、ブライスは自身の製作会社ナイン・ミュージス・エンターテインメントを通じてエリック・クラーソン、スーザン・クラーソンと共にプロデューサーも兼任する予定となっており、ファジー・ドア社からセス・マクファーレンとエリカ・ハギンズも製作に携わるほか、オクタヴィアが製作総指揮を務める。

2人の前回の共演作である、1960年代のミシシッピを舞台に裕福な家庭のハウスキーパーたちの姿をエマ・ストーン演じるライターからの視点で描いた『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』では、オクタヴィアがアカデミー賞助演女優賞を受賞している。

それ以来、オクタヴィアは『ドリーム』『シェイプ・オブ・ウォーター』で2年連続同部門にノミネートされたほか、ブライスは「ジュラシック・ワールド」シリーズなどで成功を収め、エルトン・ジョンの伝記映画『ロケットマン』の公開も控えている。

ピックアップ

editeur

検索